Category
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20130416-05.jpg
ツール・ド・八ヶ岳のゴール地点 麦草峠。こんな笑顔で写真撮ってますが、直前まで鼻水だっらだらでした。

スタートまでの続きです。
という訳でレースリポート的な感じで、記録に残しておきたいと思います。
きっと面白くないです!だって、面白い事書く余裕って言うか、そんな良い物ではなかったです(^_^;)


前回のブログでも書いたんですが、今回の八ヶ岳の結果はとても悔しい物になってしまいました

とりあえずはレースログはこちら

20130415-03_.jpg
クリックで拡大します。
心拍、パワー、高度をまとめたものです。

残念な感じがこのログを見れば一目瞭然ですよね・・・。
パワーグラフ(薄紫)が後半に向けて激しく右肩下がり。垂れてます。はい。
そして尖がった山が沢山あります


この辺りを踏まえてスタートから思い出しつつ記録に残しておきたいと思います。

僕が参加した男子Dはリザルト見ると160人が参加した様です。
ちなみに八ヶ岳のコースは距離約25km。標高差は約1300mとなっています。

昨年の同大会に参加した時は天候の影響でハーフコースしか走れていません。
なのでフルコースを走るのは今回が初めてでした。

そして自分はフルコースを走った事が無いので目標タイムも特にありませんでした。

唯一の目標が、平均パワーを220Wで走る事でした。
これは今年に入って2回赤城山を登ってますが、その時の1回目が220Wでした。そして2回目が228Wです。
仮に228Wの時のコンディションで踏めれば、赤城山より約4km長い八ヶ岳でも220W位は踏めるんじゃないのかな?
っていう感じです。

まぁー結果は散々でした。はいorz


さてさてそれではスタートです。
自分は前から4列目位からスタートしました。
スタート後はクリートも一発で嵌り、自分の周りでは大きな混乱無くスタートをきる事が出来ました。

前回のブログでも書きましたが、コースに向かって前方から激しい風が吹いています。
出来るだけ集団の中でぬくぬくしようと皆が思った筈。
スタート直後は全然ペースが上がりません。拍子抜けする感じ。

2~3列くらいのトレインのまま、大きな負荷も掛かること無く集団のままレースは進みます。
横をみればlumoさんもいて、一緒に走っててとても気持ち良い瞬間でした。

そんな中、大きな集団を右から上がっていく選手もちらほら居ます。
まだまだ向かい風はとてもキツク、横から見てて凄いなーっって。

僕なんか集団のなかでぬくぬくする事しか考えていませんでした。レースだし。レースだし、、。

そして3km程そんな感じで進行したかな?
集団はまだまだ大きく。きっと30人とかそんな感じかな?もっと少なかったのかな?

前のカテゴリーの選手をどんどん抜いて行き、大きな集団も一気にペースアップしていきました。
自分はどちらかというと集団の後方に位置してました。
一気にペースがガツンと上がり始めて、気が付くと心拍も165オーバーに。
ちなみに自分は最大心拍が170程度です。

急にペースがあがった事により集団も分裂を始めました。
自分はトップ集団の次の次位かな?の集団に位置してました。

トップ集団は一気に離れて行きました。自分とは住む世界が違う方々の走りはやっぱり異次元。
毎回HCレースに出ると、そういう人の走りが見えるだけでも参加した意味があります。

とりあえず自分がいる集団のペースに合わせて走ってましたが、
同じジャージを来た2名がペースアップして、前方の集団に追いつこうとしています。
って事で自分もその2名に乗っかる形で一気にペースアップ。
同じ様に数名付いてきて追走集団的な感じで7~8人の集団になってました。

ちなみにペースアップした2名に乗っかったのには理由がありました。
昨年ハーフコースを走ったので途中までのコースは何となく把握していました。

12km地点かな?その辺りに平坦貴重な箇所があります。
そこに入る時には出来るだけペースのあう集団で入りたかったんです。

要は平坦基調(しかも向かい風の可能性もある)を集団のトレインの中でぬくぬくしたかったんです。

なので序盤にペースがあがれば無理して付いて行き、出来る限るハイペースの集団に乗っかろうと。
それが僕が犯した最大の過ちだったなーって。今では思っています。

ちなみに同じジャージ(黄色)を着てた2名のうち、牽いてた方は見るからに早そうなオーラでした。
頑張ってその人が牽く集団についていこうと頑張って踏みました。

でもやっぱり僕の力では無理なペースだったんです。
明らかにオーバーペースだったんですね

その黄色いリーダーの走りは見ててとても勉強になりました。
前から落ちてくる別カテゴリーの人の後ろで脚休めたり、良いタイミングでまた前でてペースアップしたり、
とにかく緩急が凄い。僕はその人についていく事に専念していたので、その緩急でかなり脚をけづられる結果に。

結局その黄色いリーダーの仲間の1人は途中で脱落。
その他にも一緒についていった人もぽろぽろと落ちていきました。

そして更に前を走ってた同じカテゴリーの人もぽろぽろ落ちて来ました。
やっぱりリーダーのペースは相当速かったんだと思います。

自分はなんとか平坦貴重までこの人についていこうと必死で踏みました。
ちなみに落ちる人の後ろにいると中切れが起きてしまい、また自分は踏んでリーダーに追いつくっていう無駄足沢山使いました・・・。

最初からその人のツキイチで頑張ればよかったんですが、すこし後方に居たらやっぱり中切れってしまいます。
しみじみ集団内でのポジションって大事なんだなーって。

そして結局、黄色いリーダーが牽く集団からは自分も完全に脱落、、、。

僕の他にも黄色グループから落ちた選手が3~4名居て、そのメンバーで1つの集団って感じで進行します。
ちなみに自分はもう既に結構やばい感じ。完全にオーバーペースでした。

そんな中、後ろから1人の選手にパスされました。
彼を見た瞬間「グライペル」って名付けました(^_^;)
結構なガタイなんですが、パワフルなペダリングでグイグイと登っていきます。

彼に付いていこう。そんな感情が産まれて、彼のペースでさっきの集団がまとまって進行していきました。

そして12km地点?の平坦貴重に突入。案の定向かい風です。結構な標高まで上がってますが、スタート地点と同じ様に風が吹いています。

5人くらいかな。集団のまま平坦区間へ突入。フロントはアウターへ。ペースは一気にあがります。
かなり辛かったけどトレインの2人目に位置して平坦区間を巡航します。

先頭の人(Di2)が先頭交代の合図。
一瞬悩んだけど、この5人で回した方が結果オーライかと思い、自分が先頭に出て程よく牽いて先頭交代。
次はグライペルが先頭に。彼凄いっす。先頭を全然変わる気ありません。ひたすら牽きっぱなし。

自分はトレインの中でぬくぬく。心拍もガクって落ちて。本人は休めたしラッキーラッキーって感じ、、、。
この辺もかなり反省点の様な気がします。

そしてハーフコースのゴール地点(15km)をトレインのまま通過。たぶん5人位いたと思います。

ちなみにここで給水がありました!!!!
ここが唯一の僕的ハイライトでしたね(笑)

コース脇の左右に、紙コップを持ったスタッフの方が水を渡してくれました。

いつもテレビで見てるプロのレースっぽく、走りながら紙コップですが受取り、フレッシュな水をゴクリ。
これやってみたかったんですよね~。そして紙コップを走りながら横に捨てる感じ(笑)

2回やりました。速攻で次の人からも貰って2回やりました(笑)


そしてここからは未知の領域です。残りはまだ10km弱あります。
ここからが僕の地獄でした。八ヶ岳のレースで一番辛い区間でありました。


本当に辛かった。結構な斜度がちょいちょい出て来ます。10%オーバーですかね。
その度に脚が全然周りません、、、。最初のログの通りです・・・。完全に脚が売り切れ状態。

しかも腰の痛みも徐々に出て来たのでダンシングしようとすると、内転筋が攣りそうな雰囲気・・・。
今まで攣った事って無いんですが、この時が初めてでした。脹脛もちょっと攣るかも的な信号が少しありました。

こりゃぁマズイ。。。って事でダンシングは封印してシッティングメインです。
でもダンシングできたとしても脚は終わってました。

そうこうしてるとグライペルのペースには付いて行けず、彼からは完全に遅れてしまいました。

パワーメーターを見ても瞬間パワーが200Wを下回る事もしばしば。
ちなみにこの時点で平均パワーは220W位でしょうか。どんどん平均パワーが落ちていきます。

全然踏めない、、、。物凄いあせりを感じましたが、もう後の祭りでした。

ちなみに何箇所か平坦っぽくなる所もあるんですが、その度にアウターに入れたりするんですが、
その時一緒に走ってた方がアルテDi2だったんですが、僕の目の前でチュインチュイン言わせまくっております。

僕はSRAMREDにQ-Ringsなので、どうしてもフロントの変速に不安があるので、毎回恐る恐るアウターに上げてますが、
彼はチュインチュイン言わせながら、フロントとリアを同時に変速してるんです。

この時思いました。超欲しいと・・・。
辛いヒルクライムの途中で不謹慎ですが、頭の中でサナのページ開いて、暗記してるユーザーIDとパスワードをタイピングして、アルテDi2の外装キットの値段を確認してました、、、。
それ程に欲しくなりました。

静かな山の中で、男達の荒い息遣いと、Di2のチュインチュインしか聞こえません。
何だか物凄い和んだというか、うーん、平和って思いました(笑)

その彼とはしばらく一緒に走りました。彼も結構ペースダウンしてたので、何とか付いていく事が出来ました。

そして後半区間に入ってくると、周りには雪が残っています。
それでも寒くは無く天気が良かったので気候的には恵まれていましたね。

それにしても脚が周りません。苦痛でしかありませんでした。

序盤に抜いた同じカテゴリーの選手にもどんどんパスされていきました。
今まで数回ですがヒルクライムの大会に出てますが、同じカテゴリーの選手に終盤に抜かれた事がそんなに無かったので、物凄い悔しさを感じました。

抜かれる度にもう抜かれまいと必死で付いていこうとしますが、脚がいう事を聞きません。
パワーメーターの示す数字は酷いものです。

このパーツは嘘を付きません。今ペダルを回している力をはっきりと数字で示して来ます。
とても残酷なパーツですね。

平均パワーを220Wで走りたい!と思ってたのに200Wですら踏めません。踏めても瞬間的なモノでした。
もう完全に打ちのめされた感じでした。次々と抜かされ、息も絶え絶えです。

そうこうしてるとゴールまで1kmの看板が。
正直その時は早く終わってくれって。早く楽にさせてくれって思ってしまいました。

踏めない事が悔しいし、とにかく辛いし、とにかく早く終わりにしてくれって。
レースでこんな気持ちになったのは初めてでした。

今までは楽しくなって、辛いけど、辛いけど、終わらないでって。こんな楽しい瞬間をもっと味わいたいって。
本当に良い経験になりました。こんな辛いレースは初めてでした。

そして突然と目の前に麦草峠の看板が見えて、最後は踏めないなりに頑張ってなんとかゴールしました。
終わってみれば平均パワーは208Wでした。残念すぎる数字です・・・。

ゴール後はタイヤもパンクせず無事にゴールできたし、とりあえず安堵しました。
しばらくゴール先の折り返し地点でうなだれつつ息を整えました。

落ち着いて見渡せば周りは雪の壁があり、こんな所まで登ってきたのかーって、ちょっと元気が出て来ました(^_^;)
今まで写真でしか見た事が無かった、麦草峠の看板を生で見えた事に感動。

雪壁に自転車立て掛けて写真を撮ってると、隣に居た選手の方が「写真撮りましょうか~?(^^)」って声を掛けてくれたので、↑のにやにやしてる写真を撮ってもらいました(・∀・)ニヤニヤ

やっぱり内容的には悔しいレースでしたが、終わってみると、やっぱり最高に楽しかったです。
おのずと笑顔になっておりました(^_^;)

あの時写真を撮ってくれた方、ありがとうございました!!!

そしてその後はスタッフの方がチョコレートを配ってたので、沢山貰ってしまいました。
そうこうしてると「Zeroさんですか?」とブログを読んでくれてる方に声を掛けていただきました。
その方ともお話をさせてもらって、また何処かでお会いしましょう!と熱い握手をしてお別れしました。

その後は荷物受け渡し場へ少し下って、荷物を受け取って着替えてるとlumoさんもやってきました。

20130416-07.jpg
隊長のサーベロと一緒に。

頂上付近は雪こそありましたが、天気も良く、気温がそこまで低くなく、助かりました。
その後は下山準備して、一旦ハーフコースのゴール地点のスキー場まで下りてから、なめこ汁をご馳走になったり、
貰ったチョコレートをただただ食べまくったりして、休憩してから、リザルトが貼られてたのでチェックしたりしつつ、帰る事に。

ちなみにスキー場の階段を上がるだけで内転筋が攣りそうになってました(笑)

20130416-08.jpg
下山は登ってきたコースをそのまま帰りました。

写真の様に白樺がとても綺麗で、気持ちよくダウンヒルが出来ました!
いつも思いますが、登って良かったーって。やっぱりダウンヒル最高っすねw

登りで悔しい思いをしたので、ダウンヒルでストレス発散しました(笑)

20130416-09.jpg


と言うわけで、ツール・ド・八ヶ岳を無事に終える事が出来ました!

内容は悔しかったですが、総じて楽しかったです!
やっぱりヒルクライムは最高です!これは間違い無いですね。


帰りの車中でもlumoさんと話ましたが、ヒルクラ大会は最高に楽しいです。
これからも続けていきたいし、出来る限り出場したいです。

そしてツール・ド・八ヶ岳は本当にチャレンジングなコースです!
距離約25km。標高差は約1300m。この規模のHCレースは国内にもそう多くないのでは?
そんなロングなHCが自分は大好きです!。絶対に来年も出たいですね\(^o^)/

そして今回は結構前からレースっていう表現を多用してきました。

今まではヒルクライムのイベントって書く事が多かったんですが。

例えばどこかの峠でタイムアタックをするとします。
先日の赤城山でも良いのですが、基本は自分のペースで限界を走る感じですよね。

でも今回はレースがしたかったっていう気持ちが強くありました。

単純にスタートして、自分の力を最大限だしてタイムを狙うのでは無く、160人が走った男子Dの中で単純にレースがしたかったんです。

集団についていったり、1人で抜け出したり、時にはその集団のペースを作ったり。

1人で単純にタイムを狙うタイムアタックではなく、周りの選手と一緒にレースがしたかった。
今年はそんな気持ちでヒルクライムレースに取り組みたいって思っていました。

別に誰かに勝つとか負けるでは無いんですが、そういう空気を楽しみたいって感じです(^_^;)

そういう状況でも強く走れる様になりたいものです。
結果はイマイチだったかもしれませんが、レースを存分に味わう事が出来たと思っています。

それが冒頭のゴール後の気持ち悪い笑顔に繋がったんだと思います(笑)

だからそこヒルクライムレースは辞められない。
もっと速く走りたいし、もっと速い人達とレースがしてみたいです。

上位の人達のタイムを見ると異次元です。今の様な練習量では力は落ちていく一方かもしれません。
それでも出来る限りの事をやって、レースに挑んで、その時の空気を味わいたいです。

参加した人にしか分からない、その場の空気を僕はこれからも味わって行きたいと思っております!


やっぱり書いていくと長くなってしまいました(^_^;)

最終的には自転車は最高であり、ヒルクライムは最高だって事が言いたいだけなんですな(笑)

と言う訳で最後までありがとうございました!
もっともっと書きたい事があったんですが、終わら無さそうなので、この辺で失礼します。

ツール・ド・八ヶ岳に参加された皆さん!
そしてブログを読んでくださった皆さんお疲れ様でした\(^o^)/


↓そしてツール・ド・草津に参加の皆さんも頑張ってください!!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
20130416-01.jpg
ツール・ド・八ヶ岳のゴール地点麦草峠。初めて来ましたよ\(^o^)/

という訳で日曜日は2013年のヒルクライム初レースツール・ド・八ヶ岳に参加して来ました!

鉄は熱いうちに打て!って事でなるはやでブログアップしたかったんですが、仕事遅い使えないビジネスメンなので勘弁してください(笑)


という訳で2年連続2回目の参加ツール・ド・八ヶ岳を振り返りつつ記録に残しておきたいと思います。

とにかくレース前に満足に自転車に乗れなかったんですが、前日にはホイールの様子見の為に1時間ほど江戸川を走ってました。

そしてレース当日は深夜1時起床って事で前日の21時ごろには就寝。なんとか睡眠時間を4時間キープ。
もちろん全然少ないんですが、今の生活だとこれが限界でした。

そして2時過ぎに家を出発して自走で都内某所のコンビニで、今回一緒に八ヶ岳に参加するlumo隊長と合流。
昨年同様、車に乗せていただき、レース会場の長野県佐久穂町を目指しました。

印象的だったのはコンビニで合流した時に、顔を合わすなりお互い今年初のレースにニヤニヤしておりました(笑)
隊長もお山が大好きっすな。そしてヒルクライムレースが大好きなんだな~ってしみじみ思いました。

車中でも自転車話に花が咲き、あっと言う間にレース会場に。
到着した頃には空は徐々に明るくなってましたが外は猛烈な寒さ
道中の温度計ではマイナス2度表示もありました。

ガードマンに案内されたグランドに車を止めて、車内で受付時間までまったりしたり、三船さんのポッドキャスト聞きつつウトウトしたり。
6時ごろにはレース3時間前って事で、おにぎりmgmgしたり。セブンで買った赤飯おにぎりがマイブーム
それと道中に車でアンパンもむしゃむしゃしたっけ。

軽量化にトイレに行こうとしたら寒くてグランドの土が凍ってました(^_^;
とりあえず1回目の軽量化は何の問題も無く完了。

20130416-03.jpg
ちなみにこんな感じで参加者の車でグランドは満車状態でした。

それにしても天候に恵まれてました。ここからも八ヶ岳のゴール付近が綺麗に見えました。
雪に覆われてとても綺麗な風景でした。


その後は自転車を組み立てて、一旦スタート付近にある受付会場へ。寒過ぎて泣きそうだった(笑)
lumoさんは防寒もばっちりで何だか余裕な雰囲気。自分は装備に不安を感じました(^_^;


20130416-02.jpg
その後は隊長のローラー台を借りてアップしたり。自分が先に20分やらせてもらいました。
メニューは10分アップして、2分vo2max、1分レスト、1分vo2maxってイメージ。その後CD。
いい汗かいて程ほどにアップ完了。

そしてlumoさんがアップしてる間にジャージにゼッケン付けたり、下山用の荷物を用意してたら異変が・・・。
お腹が痛い、、、さっき軽量化したばっかりなのにお腹が痛い、、、

これは緊急を要する感じの痛さ。いわゆるPPP。ちょっとトイレ行って来ます~って事で再度トイレに。
程よく順番待ちをして何とかギリギリセーフ。完全なるPPP。やばい。水分もってかれた感じ。

緊張って訳じゃないと思うんですが、ちょっと気になったのは栄養ドリンクかな?あれがお腹に変に効いちゃったのか。
まだお腹が痛い状態だったけど、下山用荷物を持っていざ決戦の地スタート地点へ移動しました。


ちなみにこの頃には気温もぐんぐん上がって来ていました。
天気予報で確認してもコース途中のスキー場でゴール時間付近でも10度の予報だったので、
ウェアは何の躊躇もなく半袖ジャージをチョイス。下ももちろんヘタレビブです。

夏用インナーに夏用半袖ジャージ、下はコンプレッションタイツにビブショーツ。
スタートまでは体が冷えるので上はベスト、下はレッグウォーマーを装備って感じに。
手袋は夏用の指きりをチョイス。


スタート地点で荷物を預けて、少し時間もあるので隊長と小話など。
そうこうしてるとBKHさん登場!ヘタレ祭りでご一緒して依頼だったので、色々とお話しをして、和やかなムード(^^)

過去に何度かヒルクライムの大会に出場してますが、何度か見た事がある人がちらほら。

少し話しがそれますが、今年2度赤城山に登ってますが、その際に2回とも遭遇した赤城山PT3連星のFOILの方もおりました。
あの方とは今年になって3度も会ってる事になります。何だか面白い。きっとこっちの事は全く気にして無いとは思いますが、すっごい速い方なので、僕的には興味津々(^_^;

そして隊長と話してて思い出したんですが、昨年も赤城山でPT付けた速い方にパスされたんですが、きっとこの方ですね。顔を見て間違いないなーっと。次回どこかで合ったら声掛けてみたいなー。ちなみにその方は自分とはクラスが違いましたが、八ヶ岳のリザルトを見ると超超上位でした。やっぱり速い人だったんや~。


20130416-04.jpg
そしてスタート30分前だったでしょうか?各クラス毎に整列が始まりました。自分は男子Dにエントリー。
lumoさん、BKHさんと共に前から4列位?に並んでスタートの時を待ちました。

写真でも見えますが頂上のゴール付近にはまだ雪が残っている様です。
これからレース距離約25km。標高差は約1300mのヒルクライムレースに挑むんです。

この瞬間がたまらなく最高ですよね!レース会場って本当に心踊ります!

周りを見渡せば全員が猛烈に速そうに見えます。
皆さん高級機材を装備してたり、他の人のバイクを見てるだけでも十分楽しめますね(笑)

そうこうしてるとスタート時間が近づいて来ました。
開会式が始まり毎年恒例?のマトリックスパワータグの安原監督のありがたいお話を聞いて会場の緊張もほぐれますね(笑)
あの人の関西弁のお話は毎年ニヤニヤさせられますねw参加された方には通じる話かと思います(^_^;


という訳でレーススタートの9時が近づいて来ました。

とりあえず羽織っていたベストを脱いで、レッグウォーマーも外しました。
レッグウォーマーの片方だけをビブショーツのお腹に入れました。
まだまだ肌寒い感じだったし、僕のデリケートな胃腸が悲鳴をあげない為にも、お腹冷やさないように対策。
結局ゴールまでお腹にレッグウォーマー入れたまま走りました。お腹痛くならなくて良かった(^_^;


そして定刻の9:00になりチャンピオンクラスから順番にスタートしていきます。徐々に緊張感が高まって来ます。
でも隣にはlumoさん、BKHさんがいるので心強かった。

スタート直前にお互いの検討を祈り熱い握手をして、スタートの瞬間を待ちました。

今思い出しても胸がドキドキします!

やっぱりヒルクライムの大会は大好きです\(^o^)/
あの緊張感。あの雰囲気。そしてこれから始まるレースに向けてドキドキ感が凄いです!

↑の写真の左にある登り?を見ると良く判りますが、この頃になると朝は吹いていなかった、
強烈な風がコースに向かって正面から吹き降ろして来るのでした。。。

この風に苦しめられ、そして自分の甘さを思い知らされ、とても悔しい内容のレースについては、
また次のブログで書いてみたいと思います。


仕事が忙しくなかなかブログアップ出来なくて、1つにまとめて書こうと思ってたけど、思いだしながら書いてると悔しくて悔しくて、書きたい事が増えちゃったので、2回に分けて書かせてください(^_^;

とりあえずここまで読んでくださった方、ありがとうございました。
レースブログは書きながら色んな感情が蘇ってくるので、書いてても楽しいし、今回は悔しさも凄いっす(笑)


↓今迄数回してレースには出ていませんが、今回の展開は自信初の内容。良い勉強になりました。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

遂に明日に迫ったツール・ド・八ヶ岳


今回は急遽エントリーした事もあったり、仕事が急に忙しくなったりで、準備的な部分が不安過ぎです。

まず1番は2月に赤ちゃんが出来てから練習がまともに出来てません、、、
これは仕方無いとは思いつつ、でもやっぱり練習したいですよね(^_^;

今までは平日に2回はローラー乗って、週末に1日は実走するって感じでした。
本当にもっともっと乗りたい所ですが、とりあえずはこんなイメージで乗って来ました。

でも現状はローラー無理実走も週に1回程度

仕方無いとは思いつつも、やっぱり乗りまくりたい!おまえに乗りまくりたい!!!


そんな悲痛な叫びをしてても仕方無いので、出来る事をやろうという事ですよ!(笑)
となるとやっぱり機材に行ってしまう訳です。わっはっは。


まずはこちら!


20130413-01.jpg
SRAM - Quickview Garmin GPS/コンピューターマウント

以前からGARMIN用のこの手のマウントが欲しかったんですが、このSRAM製は値段が安いしデザインも素敵。
これは良い買い物が出来ました。


20130413-02.jpg
純正マウントは8gなんですが、SRAMマウントは19gって事で、
11gの重量増ではあります(笑)

重量増ではありまうが、まぁテンションは上がりそうです\(^o^)/



そして単純にヒルクライムはバイクが軽量になれば有利になるので、何かのパーツを軽量化したいところ。
そこで現状バイクで最大級に軽量化できるのはやっぱりホイールなんですよね。きっと。


ヒルクライム決戦用ホイールをオーダーしているという現状なんですが、
まだ納品までには時間が掛かりそうな雰囲気。。。

おまえ、どんなホイールをオーダーしてるんだよ!って所はおいといて、色々とあってまだ納品までには時間が掛かるとです!(笑)


という訳で手持ちのZONDAでヒルクラひゃっはーかな?って思ってたんですが、
色々とありまして、急遽なんですが、ヒルクラ用のホイールを使える事になりました


20130413-03.jpg

ちょっと分かりづらいんですが、試乗ホイールをレンタルさせていただきました。

前後で1,150gという超軽量チューブラーです。ホイールの詳細は八ヶ岳後に詳しく書けたら良いですね!


という訳で機材の準備はOKかな?問題はフィジカル・・・。
トレーニング出来てないし、寝不足気味なのが気になる所。

まぁでもそればっかりは仕方無いので、ヒルクライムの大会のあの雰囲気!
あの雰囲気を最大限に楽しんできたいと思います\(^o^)/


明日は深夜出発なので、1分でも多く寝ておきたいところですね。


という訳で明日はツール・ド・八ヶ岳です!
参加される皆さん頑張りましょう~\(^o^)/



↓ペース表まだ作ってないや・・・。もう無くても良いかって気になってきました(^_^;
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

20130320-01.jpg
第27回ツール・ド・八ヶ岳
にエントリーしました。


かなり急なエントリーです。こんな時しかなかなかブログも書けず(^_^;
今ブログを書いてるのが、2013年3月20日22時30分頃。
今日3月20日がツール・ド・八ヶ岳のエントリー締め切り日でした。

ちなみに今日は9回目の結婚記念日。
陶器婚式とも言うんですね。全然知りませんでした(^_^;

昨年も出場した八ヶ岳ですが、昨年大会は前日に雪が降った関係でハーフコースでの開催となりましたが、
個人的には凄く出し切れて、とても思い出深い大会でした。


今年も是非参加したいと思っていましたが、2月に赤ちゃんが産まれて間もない事もあり、
参加は残念ですが諦めてました。

今日のついさっきまで、八ヶ岳は来年頑張ろう!位の気持ちだったんですが、、、
たまたま赤ちゃんが長い時間寝てくれて、嫁さんとうだうだ話しをしていると、
「来月って自転車の大会って何かあるんだっけ?1日だったら出てきたら」って、、、
アンタ神やー。神様やーーーー(≧∇≦)

って事でエントリー締め切りギリギリでしたが、無事にエントリー完了とあいなりました\(^o^)/


今年は5月の榛名山からヒルクラレースかと思ってましたが、4月の八ヶ岳からレースを楽しめそうです!


赤ちゃんがやってきてから、全く満足に乗れてませんが、少しでも調整して本番に挑みたいですね。
そして去年はハーフコースだったので、今年は初のフルコースを是非満喫したいと思います。


とにかく嬉しいっす\(^o^)/
参加される皆さん、よろしくお願いします!

とりあえず出力上げるとか無理なので、1gでも体重落とすことを考えよう。
さっきコンビニで買って来たピノを風呂上りに食べるとか、そんな愚行は今日までにしよう(笑)

ダイエットは明日から。明日から、、、\(^o^)/


↓冷静に考えるとあと3週間か。ホイールも無いし、パワーも無いし、そもそも時間も無いね(笑)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

遂に待ちに待った2012ツール・ド・八ヶ岳へ参加してきました。

流石に書きすぎですね^^;
スタート前編レース編レース後編の続き、番外編となります。

これで八ヶ岳のお話は最後になります。
沢山書きすぎたかもしれません。ごめんなさい^^;


公式サイトはこちら
フルコースから急遽変更になったハーフコースはこんな感じ。



国道299号(メルヘン街道)佐久穂町堂河原地区より八千穂高原スキー場(標高1600m)までの約15km。標高差約800m。
平均斜度 全体:5.3% 上り:5.9% 下り:2.3%




・悩ましいゼッケンナンバー

何度かブログでもお伝えしておりましたが、ゼッケンナンバーが神がかってました・・・。

今回参加したツール・ド・八ヶ岳ですが、開催日の約1週間前に郵送で参加の案内が送られて来ました。
その時に自分のゼッケンナンバーを確認しました。最初見た時はかなり戸惑いました。。。
決して良い番号では無いと思います。確変でもありませんし(笑)

その日からというもの、何か不吉な予感がしてソワソワしながら大会等当日を迎えました。
絶対に何か悪い事が起きる・・。
そんな風に思っていました。

考えられる悪い事を想像しながら生活していました。

例えば、、、

大会当日に寝坊して迷惑を掛ける。
これも大丈夫でした。

大会当日に集合場所まで行く間にパンクする。
これもクリアできました。

スタート前の軽量化(トイレ)が出来ない
これも無事にクリアできました。

レース中にパンクする&メカトラ
これも特に問題なくゴールできました。


そんな悪い事ばかり心配しながらの参加でした。

結果的には満足いく走りも出来て、
予想以上の結果ですっごい良い日になりました。


考えすぎか、、、別に悪い事は起きないのかな?って思いましたが、
twitterでryuさんがこんな事を言ってました。
「安全運転、帰宅するまでが、ツールです!」
うん。そうだ。安全に家に帰るまでは油断できません。


そして帰路につきました、今回はlumoさんの車に乗せていただいて参加していました。
帰りは戸田橋近くまで乗せていただき、そこから自走で家まで帰りました。


向かい風も吹いており、回復送的なイメージでポタリングペースで荒川CR左岸を南下していました。

ちょうど新荒川大橋を越えて、川口パブリックゴルフの先のスロープでの出来事です。

スロープを下っていると、歩行者2人が並んで歩いていました。
自分的にはスピードは落として、横を通過しようとした瞬間です。

その2人の前から、
ノーリードのヨークシャーテリア(犬)が自分の目の前に飛び出して来ました。
完全に2人の影に隠れてて、犬の存在に気づいていませんでした。しかもノーリードです。

自分はとっさにパニックブレーキ。自分も愛犬家ですし、小型犬なのでぶつからない様に、思いっきりブレーキしてしまいました。

ブレーキ技術も未熟な自分はリアタイヤは完全にロックしていました。
なんとかぶつからずに済みました。相当焦りました。


そうしたら犬を連れてた人が「すみませんでした~。」って言いながら駆け寄ってきました。
すげー綺麗なオネーさんだったので、自分は「いえいえ~大丈夫ですよぉ~(笑顔)」なんて良いながらその場を後にしました。


しばらく走った後に停車してタイヤを確認してみました。
やっぱり案の定タイヤのトレッドが削れてワイヤ?的なものが見えていました。


20120420-01.jpg
※クリックで拡大します。
帰宅後撮影したものです。


これはもうダメっすねorz そろそろタイヤ交換かな?って思ってたので、ちょうど先週末にwiggleさんでコレをポチってたんですが、なんだか微妙な感じです(笑)


そこからはパンクも怖かったので、更にゆっくり帰りました。

そうですか。そうですか。そういう事ですか(笑)
なんて思いながらゼッケンナンバーの悪夢が最後の最後で起きましたか。
この程度で良かったと言えば良かったです。


そして帰宅後。ただいま~なんて言ってると、うちの嫁さんが、、、

「怒らずに聞いてほしいんだけど・・・」

ちょ、何?何?その雰囲気怖いんですけど、、、って思ってると、

「パソコン触ってたら、起動しなくなっちゃった(エヘ)」

マジか(笑)

それ聞いた時は思わず笑っちゃいました(笑)

また来たよと。ゼッケンナンバーの悪夢も2部作かよーって。
そんなこんなで八ヶ岳から帰ってからも、眠い体に鞭打って、夜な夜なOSの再インスコをするハメになりました(笑)

おしまい。



・ツライ時でも笑顔でヒルクライム

レース中に何箇所かで撮影されてた写真がオールスポーツにアップされていました。
自分も写ってるかな~って探してみたところ、何枚か写ってました。

実際に走っている時はカメラマンの存在には全然気づきませんでした・・・。
どんな風に写ってるか超不安でした。


その中にレース編でお伝えしていた、残り約3km地点から乗っかっていた高速トレインに乗車中の写真がありました。

ゴール2km前に撮影されたものです。


20120420-03.jpg
7~8人のトレインだったと記憶してましたが。当たってましたね。
前から4人目が自分です。


20120420-04.jpg
周りの人が必死の形相なのに、自分だけニヤニヤしてました(笑)

相当ツライ時間帯だったんですが、やっぱり楽しんでたのか笑顔ですね^^;


普段は自分の走ってる姿は見られないので、こういう写真は刺激的ですね。
でも買うには高い。高すぎる。



・レース会場で物欲祭り

やばいですね。ヒルクライムのレース会場は本当にヤバイ。

右を向けばLightweightのローリムハイトの超軽量ホイール。

左を向けばzipp202

前を見ればFFWD F2R

後ろを見ればMADFIBER

その他にも超軽量ホイールを装備した本気バイクがてんこ盛りです。
バイクもすごい。どこを見ても刺激的。

LOOK586とかサーベロR3。後はリドレーの軽いやつとか、ヒルクライム用的なバイクばかりに目が行ってしまいます。

他にもフラッグシップ系のバイクも沢山。C59やLOOK695、TIME RXRS等々、皆さん良いバイクに乗ってますね~。
サーベロのR5なんかも何台か見た気がします。
憧れてるバイクが沢山見えるレース会場は、刺激が強すぎますね!

レースが始まる前から、周りのバイク見てるだけでお腹一杯になっちゃいました(笑)


・次はMt.富士ヒルクライム

という訳で八ヶ岳が終わった今、体も気持ちも休養期間です。
次はMt.富士ヒルクライムにエントリーしています。

6月3日ですね。あと1ヵ月半ですか。
今回の八ヶ岳が自分のピークにならないように、調整していきたいと思います。

期間もそんなにありませんし、とりあえず体重をキープする事に専念します。

と言っても、八ヶ岳が終わってからというもの、暴走列車の如く暴飲暴食を繰り返しております。
ちょっと食べすぎなので、体重もやばい事になり始めました。

なんとか55kgまで戻して富士に挑みたいです。

富士は前泊で行くので、前日にドンちゃん騒ぎって危険もありますが、それはそれで良いかな(笑)



ツール・ド・八ヶ岳のブログですが全部4部作になってしまいました。
最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。


なんだかんだ言っても、最後にはコレですかね。

ヒルクライム最高です!!!

これからも機会があれば、色んな山に登ってみたいと思います(^^)


↓タイヤが届くまでは、レーシング7生活です^^; クリンチャーが最高に欲しい。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

プロフィール

* Zero *

Author:* Zero *
ロードバイクで日々のストレスと運動不足を解消しています!自転車大好き~

2010年夏 ロードバイクデビュー
COLNAGO CLX2.0 2010

主に通勤で使用する為に購入したが、ロードバイクの魅力に取り付かれ、時間があれば荒川CRに行く様になりました!

最近はヒルクライムにも挑戦しております。
2011/11/13龍勢ヒルクライムに参加しました。

嫁さん子どもがいるので時間を作るのが一苦労・・・。

ラーメン大好き!ラーメンブログになるかも。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ←参加してみました。是非クリックお願いしますミ



最新記事
コメント
  • 【動画アリ】よっしゃー!久々にパンクしたぜえええ!LEZYNE SPEED DRIVE CO2ボンベを試す
    すっぴんぶろぐ(07/05)
  • ジロを見て勇気付けられた チビでもエエんや!勝負が出来るんや!
    名無し(04/17)
  • 《2015-2016 CX RACE SCHEDULE》祝C2昇格!宇都宮CXで目標達成
    管理人(10/26)
  • 18Tの実力。スプロケ改造して18T入り変則12-27Tで快適~b
    たま(05/20)
  • 《ロードバイクもチューブレスタイヤ》Hutchinson Fusion 3 チューブレスタイヤ
    * Zero *(05/19)
  • 《ロードバイクもチューブレスタイヤ》Hutchinson Fusion 3 チューブレスタイヤ
    TKC_SKYWALKER(05/19)
  • 《ロードバイクもチューブレスタイヤ》Hutchinson Fusion 3 チューブレスタイヤ
    TKC_SKYWALKER(05/19)
  • 【シクロクロス東京2015に参加しました!】お台場の砂浜地獄を堪能。5位フィニッシュ\(^o^)/
    アムザール(03/02)
  • 【ヘルメット欲しい病がふつふつ】新型GIROのシンセか、KASKのInfinityか、スペシャのイヴェードか。
    U.K(01/29)
  • 【ヘルメット欲しい病がふつふつ】新型GIROのシンセか、KASKのInfinityか、スペシャのイヴェードか。
    k(01/28)
  • 【初めてのグラベルライド】マジで価値観変わったライド
    とっしぃ~(10/30)
  • 【夏休みの思い出】I LOVE 群馬(はぁと) 真っ暗ヒルクライム~朝日に向かって。
    miya(08/21)
  • 【RaphaRisingライド】久しぶりのお山遊びは楽しかった!プチトラブルもあったけど!
    一柳(08/08)
  • 【RaphaRisingライド】久しぶりのお山遊びは楽しかった!プチトラブルもあったけど!
    jimao(07/28)
  • 【久々の江戸川サイクリングロード】雨雲からエスケープ出来るのか?
    西塚(07/10)
  • 【新しいサングラスだよ】久々に彩湖練。カーボンディープがイキイキしますね!
    TOY(06/17)
  • 【新しいサングラスだよ】久々に彩湖練。カーボンディープがイキイキしますね!
    kana(06/17)
  • 【JCRC修善寺でニヤニヤ】久しぶりのレースは最高に楽しかったです!
    Makoto(06/11)
  • 【I LOVE 群馬!!!雪の白根山~渋峠】フルタイム絶景。雪壁に圧巻。行くべし。
    zero(05/20)
  • 【南房総の山と海へ】ゴールデンウィークの思い出。アドベンチャーライドが最高!
    zero(05/20)
  • 【南房総の山と海へ】ゴールデンウィークの思い出。アドベンチャーライドが最高!
    Shinichi(05/16)
  • 【I LOVE 群馬!!!雪の白根山~渋峠】フルタイム絶景。雪壁に圧巻。行くべし。
    ケースケ(05/10)
  • GW特別!山岳センチュリーライドへ 碓氷峠→軽井沢→榛名山
    萌音(05/04)
  • 【I LOVE 群馬!!!雪の白根山~渋峠】フルタイム絶景。雪壁に圧巻。行くべし。
    こうどう(05/01)
  • 【楽しいよカメラライド】SONYα6000で江戸川の菜の花バシバシライド
    zero(05/01)
  • 【ThePEAKS対策】輪行でつくば山ヒルクライム 2700m登ってみて。
    zero(04/30)
  • 【ThePEAKS対策】輪行でつくば山ヒルクライム 2700m登ってみて。
    kana(04/30)
  • 【ThePEAKS対策】輪行でつくば山ヒルクライム 2700m登ってみて。
    miya(04/23)
  • 【楽しいよカメラライド】SONYα6000で江戸川の菜の花バシバシライド
    spacewalker(04/15)
  • 【何で今まで買わなかったんだ!バカ!】っていう位に使いやすいポンプヘッド 「ヒラメ」
    きっち(02/08)
リンク
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
天気予報
オススメ情報




オススメライト(Amazon)
ブログ村ランキング
オススメカメラ
オススメRUNグッズ
サイト内検索
Twitter
オススメアイテム


気になる商品<楽天市場>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。