Category
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年最後のレースになるかも?

10/19(日)に開催される、JCRC群馬のBクラスにエントリーしました。

Bクラスは午後スタートなんですよね。。。
それが最大のネックで、出来るだけ早く帰らないと、家庭的にNGな訳です(^^;

なのでZクラスでの参加と随分と悩みました。

Zクラスは1番最初7:45にスタートして、Oクラスがゴールするまで行われる、
個人エンデューロになります。
今回のグンマーの場合は公式サイトには(予測19周) (予測114km)と書いてありました。
Zクラスは昇級はしないみたいです。

Bクラスのスタートは午後になり12:31にスタートして、 15周 90kmのレースになります。

いずれにしても、自分が今まで参加してきた、Xクラス→Dクラス→Cクラスでは経験した事の無い、
長距離のレースになります。
Bクラスの90kmも相当長いっすよね(;´∀`)

ただただ早く帰りたいが為にZクラスと悩んだ訳ですが、
Zクラスは勝手な僕の印象ですが、明らかにBクラス以上の脚力の方が参加する、まさに強者揃いのクラス。
と勝手に想像しております。。。

そしてこの時期のZクラスは11月に開催されるツール・ド・おきなわ(TdO)に参加される
THE強豪の方々が調整レースとして参加される様な事を聞いた事もあり、
僕みたいなサンデーパン男兼カメラ男ライダーが参加するのは、
あまりにも敷居が高過ぎるんじゃないか?という訳であります。

ただ逆に、そんなTHE強豪の方と一緒に走れる事自体がとても貴重な体験なので、
折角なのでチャレンジしてみたいという気持ちもありました。。。

が、しかし、がしかし、GASHIKASHI、、、

今回はまずは自分の脚力級のBで参加してみて、今の状態でどの程度集団に付いて行けるかっていう、
確認の意味も込めて、Bクラスでエントリーしてみました。

練習不足であり、リアルに1週間程、今の時点で自転車に乗れて無かったりするので、練習不足は否めませんが、
まぁこればっかりは仕方無いので、今ある力でどの程度走れるか楽しみでもあります!

という訳でたぶん今年最後のレースになるであろう、JCRC群馬を楽しんで来たいですね\(^o^)/
チームからも数名参加するので、午前中はカメラ男を満喫したいと思います(笑)

雨降ったりしたら、走らない可能性は非常に高いです!ビビリなんで!

↓出来ればヒルクライムのレースに出たかったんですが、検討してた龍勢が開催されないとか・・・otz
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
20140623-01.jpg
※クリックで拡大する
とある日の朝練帰りに、岩渕水門にてカメラ小僧。

7月にあるJCRC群馬に出たい。
次はBクラスである。

でも家庭的に出れない雰囲気だった。しかし少し状況が変わって出られるかもしれん。

モチベーションって何だろうか?
今の自分はJCRC等の大会ももちろんそうだけど、
それ以上に機材だったり、ウェアだったりそっちのウェイトも大きい(^_^;)

それってどうなん?って思う事も良くあるけど、新しい機材や、新しいウェアはテンション上がるよね?

後はやっぱり自分の場合はカメラかな?

朝早く起きて、短時間でも良いので、カメラを背負って荒川イン。
走れる時間を逆算して、写真撮りたい所まで適当に踏んで、そこで写真とってアップして。

それだけでも結構なモチベーションになってます(^_^;)

20140623-02.jpg
※クリックで拡大する

もちろん速くなりたいし、細かく言えばパワーも付けたい。FTP的な。
でもそれ以上に、好きなバイクに乗って、好きなウェア着て、好きな所を、好きなペースで走りたい。

要は楽しみたい。楽しい事なら早起きも全然苦にならないしね。

何が言いたいかはよく分からないエントリーですが、何となく書いてみました。まる。



青いシューズがね、とにかく青くて、これも活力になっておりますd(^_^o)
たまに、くるぶしが当たって痛い時あるけど、、、w慣れるんか?


↓青いシューズに、この青いソックスもテンション上がるわー。えへへ(笑)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

20140610-01.jpg
※jimao選手兼監督に撮影して貰いました。ありがとうございました!
レース前。入念にEdge510を弄ってるフリをしているサンデーひげ汚いパン男ライダー

JCRC第5戦 修善寺に参加してきました。
先日も書きましたが、超久々のJCRC!超久々のレースになりました。
JCRCは昨年の7月の群馬以来となりました。

今年はなかなか思う様にトレーニングが出来ていませんでした。
初めてのCクラスという事もあり、最初っから意気込まず、レースの感覚を思い出しながら、
レース会場、そしてレースの雰囲気を楽しめればと、そんな気持ちでの参加でした。
上位は狙いないだろうし、とりあえず集団にどれだけ付いて行けるか?そんな気持ちでした。

更に今回は事前の天気予報だと雨っぽい・・・?それが徐々に曇り予報に好転。
そして蓋を開けてみると、快晴っていう最高のコンディションでしたよ\(^o^)/


20140610-02.jpg
こんなに良い天気でした!一緒に行ったjimao選手兼監督の出走待ちの様子。

えーっと今回は、レース参加はもちろんなんですが、カメラでレース写真を撮るのも、自分的には大きな目標でした!
ちっちゃいパン男ライダーが、カメラぶら下げて、ちょこちょこメンドクサかったと思います(笑)

20140610-03.jpg
jimao選手兼監督の出走直前の様子。スタート30秒前かな?緊張が一気に高まる瞬間です。
先導のバイクも発進直前ですね。


20140610-04.jpg
こちらはU君。フォームが恐ろしく綺麗なんです
何度か一緒に練習に参加しましたが、恐ろしく速いです。
インターバルがとにかく強い!そして若い!イケメン!ズルイ!w

流し撮りは難しいっすね~。結構守りに入ってシャッタースピード早めすぎました・・・。
このあたりは経験ですね。それにしてもレース写真を撮るのも楽しい!


20140610-05.jpg
そしてIさん。今回は見事入賞されました!やたあああああああ!おめでとうございます\(^o^)/
速報が張り出されて、入賞が確定した時の彼の表情が印象的でした(^^)

写真的にもっとスピード感?流れてる感を出したいんですが、、、
全然止まって見えますね。むっずい!


20140610-06.jpg
こちらはラストラップへ向かうjimao選手兼監督。見ている方もファインダー越しに力が入りました!
レースは良い!最高!

20140610-07.jpg
今回もこんな装備で挑みました!決戦用ホイールのENVE1.25+クリキンホイールを装備。
そしてボトルゲージも決戦用のライトウェイトです。
まぁテンションはあがりますよ。普段とは違う装備なので。はい(笑)

ちなみに今回のコースは日本CSC(修善寺)の正周りです。
そして今回からゴール地点がホームストレートではなく、1km手前の秀峰亭となりました。

自分は1度だけ昨年の初参加したJCRC修善寺で、逆周りは走った事がありましたが、正周りは今回が初でした。
正周りの方が登りがキツイけどダウンヒルは安全。という事前情報でした。



初でもあるので、試走は2周ゆっくりと走りました。
1周が約5kmのコース。ルートラボでは分かりにくいですが、基本的には登りと下りしかないコース。
そして斜度がキツイ登りもあります。

好き好んでこのコースが大好き!って言ってた人はあまり見掛けません(笑)
そんな感じのコースなんですかねw

そうそう。この日は天気は良くなってきましたが、前日とかたぶん雨が続いていて、路面はドライとウェットがまばらでした。

試走をしてみて感じたのは、スタート後まず1号橋(合ってるか不安)手前の大きなコーナー、ここはそんなに怖くなかったです。
その後最初の登り終えて、長い下りへ。その区間がウェットが点在。あと路面に落ち葉?木の実?が散らばってたり。
部分的に荒れてましたが、特に怖くは無かったです。

長い下りの後の2号橋手前の、大きなバンク付きの左コーナー。ここが僕的にマックス怖かったです。
路面も部分的に乾いて無いしバンクしてるし。
試走ではjimao選手兼監督の後ろを走ったので、まずは彼のラインをトレースして感触を確かめました。

そしてこのコーナーは恐ろしく速度が乗ります。アウタートップで踏んでコーナー抜けていく感じでしょうか?
その後にこのコース的に、たぶん1番斜度がキツイ登りへ。
ここは惰性で結構登れる雰囲気がありました。実際にレースではどうだろう?って感じでした。

その後一瞬斜度が緩くなって、また登りになって秀峰亭にゴールラインって感じですかね。

その後も軽く2回登るのかな?んで、下りの大きな最終コーナーを左に回って、下り基調のホームストレートって感じです。
この最終コーナーも僕的にちょっと怖かったです。ここも路面がドライとややウェットって感じ。
それと舗装がホームストレート側から変わってたと思います。
普段履きなれない決戦ホイール。グリップ感を2周目で確かめようと思いました。

って感じで試走の2周目は上げすぎない様に、上げ目で1周走りました。
その時に不安なコーナーのグリップ感を確かめました。

ちなみにレースでは5周走ります。ゴール地点が1km手前の秀峰亭なので、約24kmのレース距離って感じかな?


20140610-08.jpg
※jimao選手兼監督に撮影して貰いました。ありがとうございました!
という訳でレースがスタートしました!
僕は2列目位からスタートしましたが、目の前の人がクリートキャッチに失敗してヨロヨロして怖かったです(笑)

ちなみ30人が参加してたみたいです。
スタート後はとりあえず様子見ようって感じで、結構後ろの方で進行しました。

1周目。1号橋からの登りからの長い下り。
くだりでは集団は長い棒状に。結構後ろにつけてまして、先頭はまぁまぁ先の方。

2号橋手前の例のコーナーへ。
集団大きいから、コーナーがうまく抜けられない人に引っかかり、中切れしそうな感じ。
こりゃいかんって事で、登り返しでちょっと踏んで少し前へ。

それでは20番手位?
その位置でひらひら付いて行って2周目へ。

どこまで先頭集団に付いていけるか?そんな気持ちで挑んだ今回のレース。

今の所は付いていけそう。
でも決して楽な訳ではなく、それぞれの登り区間では出力的に5~6倍の強度でインターバル。

そしてやっぱり2号橋手前のコーナーで中切れしそうな人がおる。
こりゃいかんって事でまたまた少し踏んで前に。

後ろの方にいたら損ばっかりじゃわ!とかとか考えながら少しづつ番手を上げる。
ホームストレートでトレインから外れて前に出る人の後ろに着いたりして、一気にジャンプアップしたり。

あまり後ろを確認できなかったけど、周回をかさねる毎に先頭集団はきっと絞れて来てたと思います。

そうそう、めっちゃ怖いことが2度。
1周目の秀峰亭直前ののぼりで、僕の斜め前の選手がダンシングしたら?クリートがペダルから外れて激しい、激しい斜行。。。
こええええええ。僕側じゃなかったから良かった。奇跡的に誰も巻き込まれなかったけど、こええええええ。

そして同じ事象が確か3週目にも、、、
まったく同じ人かな?しかも全く同じ場所でまたクリート外れて激しい斜行。。。
その時も僕の斜め前でしたが、僕側じゃないほうへ斜行。

3週目ともなればみんな消耗しています。
その斜行に巻き込まれた人がいたみたいで後ろで「らくしゃああああああああ」の声。。。
あれは災難だ、、、うん。。。

と、そんな事もあったりしました。はい。
決して危険なコースでは無いとは思うんですが、何が起こるか分かりませんね。これがレースですかね。


20140610-09.jpg
※jimao選手兼監督に撮影して貰いました。ありがとうございました!
3周目のホームストレートかな?人数もどんどん絞れているっぽいです。

とにかくレースがね。レースがね最高に楽しかった。そればっかりは間違いなし!!!

大きな下りの最終コーナー。左に自転車を倒しながら、そしてペダリングをしながら加速しつつホームストレートへ。
周りには自分のポジションを守ろうとする選手達。
それぞれが、それぞれの思いをもってレースに参加しているのです。


20140610-10.jpg
※jimao選手兼監督に撮影して貰いました。ありがとうございました!
そして長いホームストレート。そして下り基調。

アウタートップで加速しつつトレインを形成。
そんなスピード域で誰かの後ろについて、ペダリングをする訳です。

そんな興奮する瞬間はなかなか無いですよ(笑)

楽しくて仕方無い。

レースって最高!来て良かった!参加させてくれてありがとう!

もちろん辛い局面ではありますが、笑顔がとまりません(^_^;)


20140610-11.jpg
※jimao選手兼監督に撮影して貰いました。ありがとうございました!

本当に良い写真を撮ってもらいました。良い記念になりました\(^o^)/ありがとうございました!!!

ちなみにホームストレートでは1度も前を牽きませんでした。
率先して引いてる方が居たんですが、その彼を僕はその頃から意識的にマークする様になりました。

ホームストレート後の最初の登り。チラっと後ろを見ると人数も随分減っている印象でした。
自分的にこのペースだと付いて行ける!付いていけるわ!って感じで、
この辺りから最後まで残れるかも?って思い始めました。

もちろん毎周回辛いんですが、まだまだ脚はあるっていうか、やっぱり機材に助けられてる部分もあると思います。
とにかくこのまま先頭集団に残りたいと思い始めました。

さぁここからは欲が出てきます。
集団に残れるなら、残れるなら入賞したい!まぁそうなります。

この辺りから真剣にポジションを考えて走る様にしました。

仮にラストラップの最終局面まで残れたとした場合に、2号橋~秀峰亭までの区間、
あそこにどれだけ脚を残せるか大会な訳かなっと。

そこからは完全に意識しつつ脚を残す事を考えました。

僕の場合は脚力が無いので、出来る限りケイデンスで登りたいです。
ヒルクライムもそうでうが、ケイデンスが低くなればなるほど、僕的に損してる感覚です。

なので常に高ケイデンスで集団について行く事を考えていました。
それともちろんですが前は牽かない。登りでも極力後ろにつく。シフトチェンジはこまめに、そして事前に。
あくまでも僕的な考え方なんですがね(^_^;)

そんな意識で進行していきました。そして秀峰亭通過時に「2」の看板が見えました。
ラスト2周って事ですね。そのタイミングで、THE欲張りな自分が発動しました(笑)

JCRCのレースではラスト1周のゴールラインをトップで通過すれば、JCRC賞という賞が貰える筈。
例えば入賞できなくても、JCRC賞で一発屋でもありじゃね?というね(笑)

そんな事を考えつつラスト2周目。ホームストレートでは確か2番手だったと思います。
僕がチェックしてたペースを作ってた選手の後ろにポジションを獲りました。

彼の動きは結構チェックしてました。あともう一人もチェックしてましたね。

この彼、背中からいろんな意図がヒシヒシと伝わって来ました。
ラスト2周のタイミングで、1号橋の登りも彼がペース作ってたんですが、この周回は妙に上げてました。
そして後ろをチラチラと。この登りでも人数が減ったんじゃないかと思います。
実際には自分は後ろをちゃんと見てなかったので、本当の所は分かりませんが、結構きつかったです。

ふるいに掛けてるんかな?それとも逃げたい?そんな事を考えました。
正直この人とラスト2周で逃げるのもアリかな?って思ってましたが、
自分的にそこまで余裕もありませんでした。

そのままたぶん6~7人かな?2号橋から秀峰亭の登りへ。
僕はおもいっきりJCRC賞を意識してる訳ですよ(笑)

ペース作ってる彼(イケメン)のすぐ後ろにポジション獲り。
こちとらサンデーひげ汚いパン男ライダーですw何でもありやでーってノリです(笑)

そして秀峰亭の手前の左カーブの登りで単独アタック!!!
完全にJCRC賞を俺は獲りに行くんや!行くんやでーーー!オーラ全開です(笑)

そして無事にJCRC賞をゲット!!!この時点でかなりテンションあがりました!!!
今回が3度目のJCRC参加でしたが、トップを走ったのはこの時が始めてでした。

やっばい!!!めっちゃ気持ちええええええええええ!!!!

トップを走る喜び。これヤバイです。マジで興奮しました。
そしてこれ書いてる今も興奮してますw


んでラインを超えるときに「1」の文字とジャンが鳴ります。ラストラップです。
チラっと後ろをみるとたぶん3~4人が付いて来てて、僕は脚を緩めてそのトレインの1番後ろに接続。

何だろう。普段テレビで見てるプロのレースの山岳ポイント的な?そんな感じで、
ポイントを獲りに行って、先頭でポイントとって、そしてトレイン復帰するみたいな?
すげー気持ちよかった!!!

書きながら自分が調子乗ってる事は重々承知しております。
予め誤っておこう。ごめんなさい。

さぁここから泣いても笑ってもラストラップ!

イマイチ人数を把握できてないのが残念なんですが、たぶんホームストレートは4~5人で通過したとおもいます。
自分は常にペース作ってくれてたイケメンさんの後ろ。

そして1号橋から最初の登り。人数をちゃんと確認。自分含めて4名でした。

この時点で後ろには数名同じ色のメットカバーが見えましたが、
この4名でラストの長い下り~ゴールの秀峰亭で進行するだろうと確信しました。

最初の登りからの長い下りへ。自分はこの時は1番後ろに。
この区間はとくにポジションは関係無いかな?ってこの時は思いました。

大事なのは2号橋手前の大きなバンク付き左コーナーを、スピードを殺さず、そして加速してキツイ登りに入る事。
そればっかりを意識しました。

そして2号橋手前のバンク付き左コーナーへ。何故か僕の前の人がイン側にラインをとりました。
ん?どして?って思いましたが、気にせず自分は外側のライン。前の2人と同じラインです。

あー書きながら興奮して来た!ここのコーナーの感覚は今でもはっきり覚えてます!
最高の一瞬でした!

ちなみに5周した訳ですが、その間も路面状況は変わっていて、どんどんドライへ向かっていました。
このバンク付きコーナーも特に怖くなくなってましたね。


さぁ、ここからが勝負。本当の勝負です。
とりあえずリアルに水を飲みますw


興奮状態にあったので記憶が曖昧かもしれませんが、僕が感じた事をそのまま書いて見ます。

長い下りからバンク付きの大きな左コーナーを3人で理想的なラインで抜けて行きます。
僕は3番手です。そして2号橋を通過。

速度は乗ります。ここからラストの登りを誰が1番早く走るか。ただただそれだけです。

速度が乗った状態でキツイ斜度の登りに入ります。
毎周回思ってたんですが、ここの集団の進入スピードと、僕の感覚にずれがありました。
まだいけるっていう感覚です。

このラストラップでも同じ感覚だったんです。
スピードを殺さず、イン側にラインがあったので、最初の登りで一気にアタック。

先頭に。テンションあがりまくり。アドレアリンでまくりです。

勝ちに行こうと。そしてレースを作ろうと。とにかくその気持ちでいっぱいでした。

最初のキツイ斜度の区間をアウターのダンシングで一気に駆け上がりました。
めちゃきつかった!でも過去最高に楽しかった!

自分が先頭でゴールを目指す瞬間。後ろは全く見ませんでした。
ここから秀峰亭まで踏み切るだけ。ただただそれだけです。

ちなみにこの時に最高出力が出てました。

必死にペダリングを続けました。いったん斜度が緩む所でも高ケイデンスを意識して回します。

うん。でもね。垂れてくる訳です。
辛い。辛い局面!

すると緩くなった所から斜度が上がる辺りで1人にパスされて2位へ。

目の前の登りの左コーナーの先がゴールです!

なんとか最後まで、最後まで踏み抜きたい。

必死のダンシング。すると僕のすぐ右後ろにペース作ってくれてたイケメンの彼が追いついて来ました。

うおおおおおおおおおお!

必死で踏みましたが結果的にパスされて3番手へ。
ゴールラインは残り10メートル位?

何とか抜き返したい!歯を食いしばって必死の形相でダンシング!
右足の脹脛が攣ったけど、そんなんどうでもいいよ。とにかく食らい尽きたい!

そのままホイール半分くらいの差で3位でゴール。誰が見ても僕が3位でゴール。

でもその時にとある写真が頭の中をよぎったんです。
シンイチ君が大磯クリテでハンドル投げてる写真。

僕も生まれて初めて投げた(笑)登りゴールでハンドル投げた(笑)

気分的に結果は変わらんと思ったけど、投げてみたかった(^_^;)

結果は3位表彰台でした。
2位との差は約0.08秒。ほんとに僅差。でもこれがレース。

ちなみに1位との差は約2.5秒。

ラストラップから勝ちを意識して自らアタック。そして2人に刺されて3位。
終わってみて不思議と悔しさは全くありません。
むしろレースを作れた事、本人がそう思ってるだけかもですが、とにかく自分的に最高のレースでした。

出し切ったし、レースを120%楽しめました。こんな展開を自分で感じられた事。素晴らしい体験です。

そしてゴール後はトップの人、そしてペース作ってくれた2位の方と少々お話をしながら戻りました。
アタックはやすぎですよ~って言われちゃいましたが、気持ち良過ぎてあれでよかったっす(笑)

20140610-13.jpg
※一部加工しています。

今回も多くの方にツイッター等で応援していただき本当にありがとうございました!
一緒に参加したjimaoさんとも話してたんですが、レースの楽しみ方は人それぞれだと思います。

それでも1度参加してみるのも良いと思います。この雰囲気。
僕は1度味わってしまうと病み付きになってしまいました。

それがJCRCなのか、エンデューロなのか、クリテなのか分かりませんが、
自転車レースって僕的には素晴らしい、非現実的な世界です\(^o^)/

そしてjimaoさんに言われました。

「来月の群馬は絶対に出て!そしてコテンパンにやられて悔しがって!(笑)」

はい。出れる様に調整したいと思います(^_^;)
今まで奇跡的に入賞してきましたが、もう奇跡も起きんよ。
今回も直前に悪あがき練をしましたが、もし参加が決定すれば、少しでもトレーニングして挑みたいですね(^^)

という訳で今回も長々と駄文失礼しました。
最後まで見ていただきありがとうございました\(^o^)/

あくまでも僕の主観?記憶で書いてるので、間違ってる内容があるかもしれません。
その場合は申し訳ありません。

↓修善寺が終わって完全に気が抜けて暴飲暴食が止まりません(笑)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いやー飲んだ飲んだ。昨日は飲み過ぎてしまい、帰りの電車でちょこってしまいましたε-(´∀`; )

チョコる ちょこる ちょこった ちょころう

意味:電車で寝過ごしてしまう事。その後気が付いたら家に無事に着いて寝ている。翌朝目が覚めると、転ぶか何かしてし怪我を負ってる。そして奥さんに激しく怒られる様。


うん。これで良し(笑)

実際に何処かで頭をぶつけたらしく、でっかいコブが出来てたし、なかなか最近には無い酔っ払いだった模様(笑)


さてさて、そんな楽しい金曜日を過ごした訳ですが、明日は久々にJCRCに参戦します!

昨年の6月に初参加して、今回で3度目のJCRCです。
今回は修善寺です。しかも初めての正周り。
正周りの方が登りがキツイとか?

そして初めてのCクラス。そして今年は練習が満足に出来てないので、結果は望めませんが、レースの感覚を久々に楽しみたいですね\(^o^)/

天気も雨予報でしたが、徐々に好転してるので、明日はなんとか持ちこたえて欲しいですね。

久々にENVE+クリキンの決戦ホイールも使いたいし、雨が降らなければカメラでレース撮影も楽しみであります\(^o^)/



それでは皆さん安全第一で、楽しみましょう\(^o^)/


↓今回は初めてスマホアプリから投稿してみました。ちゃんと見えるかな?
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

20130714-01.jpg
夢の自転車ランドへ行って来ました。今更ですが、この看板の写真みてツボってます(笑)

という訳で今日はJCRC第6戦群馬CSCに行って来ました。
JCRCは2度目の参戦群馬CSCはお初で御座います。


と言うか、サクっと書きます。何故なら猛烈に眠いので\(^o^)/


前日は少しでも睡眠時間とろうと思って22時ごろに就寝するも、興奮してか変な夢をみつつ2時間毎に目が覚めるかんじ。

そんなこんなで今回も一緒に参加するくろけんさんに迎えに来てもらい、早朝から群馬CSCを目指しました。
初の群馬CSCはどえらい山の中にありました(*´∀`)

現地についてから車に乗ったまま開門待ちなんかあったりもしつつ駐車場にイン。
そうこうしてるとシンイチさんIdeさんと遭遇\(^o^)/

知り合いに合うと何だかホッとする感じ(笑)

初の群馬CSCで何すれば良く分からず、いつもの如くくろさんと右往左往しつつバイクの準備を。
屋内のテーブルがある所に荷物を置いて場所確保して、色々と準備して試走へ。

くろさんと一緒にコースイン。すると、くろさんはバビューンって行ってしまい、あっと言う間に視界から消えた\(^o^)/

自分は4日ぶりかな?の自転車だったので、ゆっくりアップしつつ試走。
そうそう、ホイールをレーゼロにするか、ENVEにするかも試走をしてから決めようと思ってて、とりあえずレーゼロを履いて来ました。

そうだ、これも印象的だったのが試走にコースインする直前に、いつもお世話になってるショップの店員さんに偶然にも遭遇!
おお~!って感じでお話をしつつ、
「群馬ってどんなコースなんですか?」って聞くと「ジョットコースターみたい!」って言ってました。
ふむふむ、ジェットコースターかーなんて思いつつ試走へ。その方はSクラスの方でした。


ホームストレートから下り区間ヘアピンアップダウンとまったりペースで試走。
第一印象は路面がバンピー!とにかく路面が悪い箇所が目立ってて、気をつけないと危ない感じ。

レーゼロに8気圧弱入れて来たので、バンピーな路面で跳ねまくりで怖い怖いw

そして噂の心臓破りへ。修善寺のそれと比べると、そこまで心臓は破れない感じ?(^_^)ゞ
常にGARMINの斜度をみつつまったり登りました。

そんな感じで終始マッタリペースで2周ほど試走をしました。

試走から戻ると、だわさんkobassoさんに遭遇!だまさんはいつも素敵な笑顔で気持が良い!!!
kobassoさんも何かやってくれそうな雰囲気。実際に入賞されていて流石で御座います\(^o^)/
前回の修善寺の時のkobassoさんのDクラスの走りが、僕的には物凄い印象的で、今回自分がDを走る時のイメージをそれに近づけたく妄想しておりました。

更にはだーさんにも遭遇。いつも荒川界隈でお会いしてる方々と、群馬のレース会場で会うのは何だか新鮮で御座います(^^)

試走後はくろさんのレースが始まるって事で、自分はその前にくろさんに車の鍵を借りて、レーゼロのエア調整へ。
7気圧弱まで落としてこれで大丈夫かな?って感じ。実際に大丈夫でした。

20130714-02.jpg
そして試走した感じで、そこまで登りがキツクないので、今回はENVEでは無く、超軽量ホイールではなくレーゼロをチョイス。
レーゼロは加速も気持ちいいし、高速での維持が楽なので、群馬CSCはそっち系の方が良いのかな?って感じ。


そうこうしてるとくろさんのクラスがスタート。
クロさん自信も気合が入ってる様子で、ホームストレートに戻って来た時はとても楽しそうに2番手を走行。
そして次の周回に入って集団が帰ってくるもくろさんの姿が無い。
そうこうしてる戻って来てそのままDNF。話を聞くと他の選手と接触してしまい、ブラケットが曲がってしまいブレーキに影響が出たそうな、、、不運でしたが仕方無いっす。次に是非つなげてもらいたいです!


そして自分の参加すうDクラスのスタート時間が近づき、整列が始まりました。
2度目って事もあり特に慌てる事もなく、前から2列目に整列。

そして定刻通りにスタートで御座います。パーン

とりあえず今回のテーマは経験です。
マスドレースの経験。JCRCの経験。集団での立ち振る舞いの経験。レースの経験。
それを少しでも得られればって感じで挑みました。

そして約6キロのコースを7周って事で、レース時間もとても長いです。
更にはレース中は曇ってたそらも晴れ渡り、気温も上がってきていましたし、暑さにも慣れる練習です。

そんな事を考えながらスタートしました。

スタート後は集団の中盤辺りでひらひらしつつ。
下りの後のヘアピン2個を慎重に。とにかく路面が悪いので、位置取りには注意しました。

そして集団送。これはもの凄い勉強になりました。いろんな声を掛け合ってました。
ヘアピン手前では「ブレーキ!」、ヘアピン直前では「ラインキープ!」等々。

こういう経験はした事が無かったのでとても新鮮であり、良い経験になりました。

他には別クラスの選手が落ちて来た時に、「左いるよー」とか。ちょっと言い方ちがうかも。
自分の斜め後ろに他の選手が上がって来たときに「横いるよー」とか。
自分の身を守るために自分から声出してる感じですかね。なるほど、なるほど。
あとは登りに入るタイミングで「ダンシング気をつけてー」とかも聞いた気がします。
どうしてもダンシングすると一瞬減速してしまうので、集団が密集してると接触のリスクがあがりますもんね。

フラフラしてる選手には厳しい声も上がってましたね。

そんな体験をしつつ、すべてが新鮮で、とにかく集団から千切れない様に、自分のポジション、立ち位置を死守しつつ、周回を重ねました。

スタート後はアドレナリンも出てるからか、そんなに踏んで無い様でも心拍は結構上がってる感じでした。

とにかく集団の出来るだけ前の方に位置しつつ周回を重ねる様に注意してたんですが、
気が付くとドンドン後ろの方に行ってる感じがしました。

事前に皆さんからのアドバイスで、ヘアピンは出来るだけ前で入った方が良いって聞いていたので、
前の方で入って下り区間へ行くんですが、登りで一気にペースが落ちるので前に詰まってしまい、
一気に横に選手が広がるタイミングでまた後退するって感じです。

そんな事を色々と考えながら集団のまま周回は続いていきました。

心臓破りの坂ではそれなりの強度になるので、登りで遅れない様に。
むしろ登りで無理しない様に気をつけました。
最初の方がアウターで登ってましたが、後半は少しでも脚残そうとインナーで高ケイデンスのイメージでクルクル。

そして周回を重ねつつ、自分のベストな展開を考えてみました。
集団の中盤でひらひらしてましたが、残り2周に入ったら出来るだけ前に上がろうと。
そして逃げ的なアタックが掛かっても直ぐに反応できるポジションに居よう。
あとはとにかく下がり過ぎない様にって感じでいけばチャンスあるかな?って感じでした。

終盤に入ってくると、特定の選手が下り区間でアタックを繰り返していました。
でも他の選手が誰も追走せず、結局吸収を何度か繰り返していたと思います。

今から思えば、自分もあの人の逃げ的アタックに乗っかるのも面白かったかなって思っています。
あの人は僕から見ればかっこよかったです。自分は常に保守的な感じでした。

あとはスタートライン、ゴールラインを超える辺りで、Ideさんや、くろさんkobassoさん、そして途中からはタロウさんも来てて、声援がとても嬉しかったです。
とても励まされました!

そして集団のまま周回は続きます。とりあえず定期的にボトルの水を口に入れる様にしました。
飲めるチャンスって結構少なく、そのチャンス逃すと次は結構先だったりするので気をつけました。

そして残り2周目に入った辺りでしょうか?
そろそろ前目に出ようと思ってゴールラインを超える辺りで5番手位まで上がってみました。
その頃になると先頭の方々も徐々に牽制ムード。おまえ牽けよ的なオーラが。

そして集団の前方から中盤では位置取りが激しくなって来ました。
皆考えている事は同じです。出来るだけ前目でファイナルラップに入りたい。
徐々に殺気立って来るというか、集団がそわそわしてる感じがしました。

登り区間ではいままで以上にペースが上がります。付いては行けるけど結構辛い。
ヘアピンの立ち上がりとかも、一気にペースが上がるので前目にいないと辛い辛い。

心臓破りの坂なのかな?右にグイっと登りながら曲がる所。あそこが1番辛かったですね。
なので、最終周のあそこが鬼門だと思いました。

そんな感じでジャンの音を聞きつつファイナルラップへ。
ホームストレートはたぶん10番手以内では入ったのかな?記憶が曖昧です。

下りで出来るだけ前に。1個目のヘアピンの立ち上がりでもグイグイ踏んで、あの瞬間がとても気持ち良かったのを体が凄く覚えてます。

そして二個目のヘアピンを超えてS字へ。
この辺りもスピードが乗ってるのでタイヤのグリップを常に感じながら、レース中で辛い局面だけど、とても気持の良い瞬間でした。

タイヤをしっかり路面をキャッチしつつ、コーナーを抜けていく感じ。気持良いですよね!

さぁここから登りフェイズ。勝負どころです。
いかに良いポジションで心臓破りに入っていくか。

とりあえず先頭は見えてる位置。数人飛び出した様に見えたけども、まだまだ届く範囲。
ジワジワ登りつつ、そして下ってまた登って、そして1番登りが辛い右にグワって曲がる所へ。

先頭の人達がキツイ登りで一瞬遅れた。僕はまだ行ける。前に出たかった。

でも丁度他のクラスの人達もそのタイミングで落ちてきて、キツイ斜度の辺りで選手が横一杯に広がってて前に出る隙間が無い。

前に出れない。

その時後方から上がって来た数人の選手が進路をこじ開けた。叫んでた。

開いた。出られる。

僕も後を追う形で前に出る。結構辛い局面。数人を抜いたと思う。

その後は短い下りがあって、ゴールまでの短い登りへ。

登りきった後もペダリングを続けてくだりへ。下りも脚を止めたら追い付かれる。

ゴールまであと何百メートル?もうそんなに無い?

そうこうしてたらゴール手前のラストの登りへ。

下りの惰性で一気に上る。

僕の右にも、そして左にも、僕を交わそうと他の選手の前輪が見える。

とにかくダンシングでラストのもがき。

とりあえず今のポジションを維持すべき必死でもがいた。

たぶん左後ろの選手が叫んだ。僕も負けられない。

あっと言う間。登りに入ってあっと言う間でゴールラインが見える。

とにかくその位置をキープしたままゴールラインを通過したと思う。


20130714-04.jpg
※タロウさん撮影 ありがとうございました!


僕の前で何人ゴールしたんだろう?

ゴール後に目の前に数人の選手が僕より先にゴールしてるのが見えた。

実際に何位なのかはその時は分からず。


そこからはとりあえず無事にゴールできた事に安堵。
スタートラインまで流しつつマッタリ走りました。
途中でたぶん3位でゴールした人とお話しつつコースアウトするまでマッタリ。
その人も今回が初Dクラスで初群馬だと言ってました。


そしてコースアウトして息を整えてると、ideさんが「おめでとうございます!」と。
まじで?何位なんだろう?「たぶん4位か5位だと思います!」と!


その後も、くろさん、たろうさん、kobassoさんが来ておめでとうございます!と。


まじか。イマイチ実感が無かったけど、入賞してるかも。


でも実はゴール後から凄い悔しさで一杯でした。
前回の修善寺と比べて、疲労感が全然違って、今回は出し切れて無い感じが凄かったんです。

ラストの心臓破りからは踏んだんですが、ゴールしてからもまだまだ脚が残ってる感じがして、
物凄い悔しさがこみ上げて来ました。

もっと手前から、もっと前の周から、もっと、もっと。
もっと踏めたと思うんです。

実際にはそうじゃ無いかもしれないけど、前回の修善寺の時の様に、ゴール後に起き上がれない程のダメージは全く無し。

全体の流れに任せすぎたのか。
閉じたラインをこじ開けた人達が先着してるのは間違いなし。

あの時、もっと早いタイミングで自分がアタックすれば、もっと前でゴールできたんじゃないか?

もの凄い後悔しました。周りの皆は入賞を祝ってくれて本当に嬉しかったんですが、何だか自分的には出し切れなかった感があって、凄い悔しかったです。

これも経験なんですね。これがレースなんですよね。


そんなこんなで正式なリザルトを見ぬまま表彰式がスタート。
自分のD1クラスの表彰が始まると5位で呼ばれました。
この時点で初めて自分が5位だったんだと知りました。


って事で前回の修善寺につづき、群馬でも入賞させていただきました。
出し切れなかった感はありますが、素直に嬉しいです!
ありがとうございました!


20130714-03.jpg

本当に入賞はサプライズでした!素直に嬉しいです。
という事はCクラスに昇級って事になるのかな。
もっと凄い世界が見えるんでしょうか。楽しみすぎますね(^^)

今回2度目のJCRCでしたが、とにかく楽しい。これ間違いなし。
これからも出来る限り参加してみたいと思います。

という訳で書き出すとなかなか終わらず、長いブログとなってしまいました。
駄文では御座いますが、最後までお付き合いいただきありがとうございました(^_^)ゞ

JCRC群馬に参加された皆さんお疲れ様でした!
そしてツイッターでコメントいただいた皆さんありがとうございました!
最後までブログを読んでいただいた皆さんありがとうございました!

これからも楽しい自転車遊びを続けていきたいと思います。
これからもよろしくお願いします(^_^)ゞ

↓次にJCRC出られるのは何時になるのかな?そろそろ山登りたくてウズウズしております\(^o^)/
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

プロフィール

* Zero *

Author:* Zero *
ロードバイクで日々のストレスと運動不足を解消しています!自転車大好き~

2010年夏 ロードバイクデビュー
COLNAGO CLX2.0 2010

主に通勤で使用する為に購入したが、ロードバイクの魅力に取り付かれ、時間があれば荒川CRに行く様になりました!

最近はヒルクライムにも挑戦しております。
2011/11/13龍勢ヒルクライムに参加しました。

嫁さん子どもがいるので時間を作るのが一苦労・・・。

ラーメン大好き!ラーメンブログになるかも。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ←参加してみました。是非クリックお願いしますミ



最新記事
コメント
  • 【動画アリ】よっしゃー!久々にパンクしたぜえええ!LEZYNE SPEED DRIVE CO2ボンベを試す
    すっぴんぶろぐ(07/05)
  • ジロを見て勇気付けられた チビでもエエんや!勝負が出来るんや!
    名無し(04/17)
  • 《2015-2016 CX RACE SCHEDULE》祝C2昇格!宇都宮CXで目標達成
    管理人(10/26)
  • 18Tの実力。スプロケ改造して18T入り変則12-27Tで快適~b
    たま(05/20)
  • 《ロードバイクもチューブレスタイヤ》Hutchinson Fusion 3 チューブレスタイヤ
    * Zero *(05/19)
  • 《ロードバイクもチューブレスタイヤ》Hutchinson Fusion 3 チューブレスタイヤ
    TKC_SKYWALKER(05/19)
  • 《ロードバイクもチューブレスタイヤ》Hutchinson Fusion 3 チューブレスタイヤ
    TKC_SKYWALKER(05/19)
  • 【シクロクロス東京2015に参加しました!】お台場の砂浜地獄を堪能。5位フィニッシュ\(^o^)/
    アムザール(03/02)
  • 【ヘルメット欲しい病がふつふつ】新型GIROのシンセか、KASKのInfinityか、スペシャのイヴェードか。
    U.K(01/29)
  • 【ヘルメット欲しい病がふつふつ】新型GIROのシンセか、KASKのInfinityか、スペシャのイヴェードか。
    k(01/28)
  • 【初めてのグラベルライド】マジで価値観変わったライド
    とっしぃ~(10/30)
  • 【夏休みの思い出】I LOVE 群馬(はぁと) 真っ暗ヒルクライム~朝日に向かって。
    miya(08/21)
  • 【RaphaRisingライド】久しぶりのお山遊びは楽しかった!プチトラブルもあったけど!
    一柳(08/08)
  • 【RaphaRisingライド】久しぶりのお山遊びは楽しかった!プチトラブルもあったけど!
    jimao(07/28)
  • 【久々の江戸川サイクリングロード】雨雲からエスケープ出来るのか?
    西塚(07/10)
  • 【新しいサングラスだよ】久々に彩湖練。カーボンディープがイキイキしますね!
    TOY(06/17)
  • 【新しいサングラスだよ】久々に彩湖練。カーボンディープがイキイキしますね!
    kana(06/17)
  • 【JCRC修善寺でニヤニヤ】久しぶりのレースは最高に楽しかったです!
    Makoto(06/11)
  • 【I LOVE 群馬!!!雪の白根山~渋峠】フルタイム絶景。雪壁に圧巻。行くべし。
    zero(05/20)
  • 【南房総の山と海へ】ゴールデンウィークの思い出。アドベンチャーライドが最高!
    zero(05/20)
  • 【南房総の山と海へ】ゴールデンウィークの思い出。アドベンチャーライドが最高!
    Shinichi(05/16)
  • 【I LOVE 群馬!!!雪の白根山~渋峠】フルタイム絶景。雪壁に圧巻。行くべし。
    ケースケ(05/10)
  • GW特別!山岳センチュリーライドへ 碓氷峠→軽井沢→榛名山
    萌音(05/04)
  • 【I LOVE 群馬!!!雪の白根山~渋峠】フルタイム絶景。雪壁に圧巻。行くべし。
    こうどう(05/01)
  • 【楽しいよカメラライド】SONYα6000で江戸川の菜の花バシバシライド
    zero(05/01)
  • 【ThePEAKS対策】輪行でつくば山ヒルクライム 2700m登ってみて。
    zero(04/30)
  • 【ThePEAKS対策】輪行でつくば山ヒルクライム 2700m登ってみて。
    kana(04/30)
  • 【ThePEAKS対策】輪行でつくば山ヒルクライム 2700m登ってみて。
    miya(04/23)
  • 【楽しいよカメラライド】SONYα6000で江戸川の菜の花バシバシライド
    spacewalker(04/15)
  • 【何で今まで買わなかったんだ!バカ!】っていう位に使いやすいポンプヘッド 「ヒラメ」
    きっち(02/08)
リンク
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
天気予報
オススメ情報




オススメライト(Amazon)
ブログ村ランキング
オススメカメラ
オススメRUNグッズ
サイト内検索
Twitter
オススメアイテム


気になる商品<楽天市場>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。