【レースで初涙】 感動の『まえばし赤城山ヒルクライム』 2回泣きました。

20121003-02.jpg
スタート5分前。変なテンションで自分撮り。


さぁさぁさぁ、『第2回まえばし赤城山ヒルクライム大会』に参加した訳ですが、前回のブログの続きになります。


・レース仕様のバイク重量

少し話しがそれますが、先日amazonにて計りを購入してみました。
今まで計った事が無かったので、今回のレース仕様でのバイク重量を計測してみました。

前日にスプロケをデュラエースCS-7900 12-27Tに交換したので、実際に計測したのは大会後になります。


20121003-06.jpg

まさかの6.97kgでした!もっと重いかと思っていましたが、いつの間にか自分のバイクも6kg台に突入していた様です\(^o^)/
試走の時はホイールはZONDAだし、ツール類も付属していたので、数百グラムは軽くなってる筈です。


・目標は自己ベスト更新

今回の目標は自己ベストを更新する事です。ちなみに大会本番までにこの赤城山ヒルクライムのコースを過去3度走っていました。

1回目:03/31/2012 01:19:40 
2回目:08/25/2012 01:17:06 前回比-2:34
3回目:09/08/2012 01:13:20 前回比-3:46
※全て停止時間含む

こうやってリストにするとタイムの変化が良く分かりますね!
自分でもビックリする程に最初の3月の記録から比べると速くなっています。

前回の試走の時の01:13:20が正直自分の限界値だと思っていました。

なので今回は装備で軽くなるし、大会本番という事でアドレナリンもドッバドバなので、なんとか自己ベストを出す事が最大の目標です。

いつもタイムを狙う時はペース表を作ってる訳ですが、今回はベストタイムの1㌔毎のラップ累積平均スピードを表にしてトップチューブに貼って挑みました。

20121003-07.jpg

GARMINを1㌔毎のオートラップにして、走りながら1㌔毎にベストラップとの比較をしながら走るって事です。
ちなみにベストラップのヴァーチャルトレイナーがあれば、こんなもん作る必要はありません(笑)
でもね、でもね、トップチューブにペース表貼って走ると、テンション上がっちゃうんです\(^o^)/


・レーススタート~ゴールまで 2回泣きました。

長くなりましたが、やっとレースについて記録しておきます。ここからは当たり前ですがゴールまで写真はありません。
そして自分の読みにくい文章。ひどい日本語ですが、記録に残しておきたいと思います。


ちなみにこの日は関東に台風が直撃する予報で、大会も雨の心配がありましたが、朝から天候は曇りでした。
スタート前にちょっとだけポツポツしましたが、最後まで雨に降られる事はありませんでした。
本当に良かったです。雨のレースだけは回避出来ました。


7:00のエキスパートクラスのスタート。そして順次スタートしていきます。自分は7:10の男子Bでのスタートです。
男子Bには自分の他にlumoさんjimaoさんmusignyさんyuuさんとヘタレジャージ仲間が一緒にスタートでした。

徐々に自分のスタート時間が近づいて来ますが、今回は周りに仲間がいるのでドギツイ緊張は全然ありませんでした。終始リラックスした雰囲気でスタート時間を迎える事が出来ました。

ちなみに今回は出来るだけ前でスタートするつもりでした。何故ならクラス上位の方のペースや走りが見たかったからです。

リザルトを見ると男子Bは655名が参加した様です。なので速い人が後方からスタートする事もあるかと思いますが、やっぱり上位を狙う人は比較的前の方からスタートするのかな?と思っておりました。

そしていよいよ男子Bのスタート時間が近づいて来ました。スタート地点へ移動すると前から3列目位かな?
結構良い位置からのスタートです。

そうこうしてるとスタート地点にマスヲさんが居るではありませんか!
自分らのジャージで気づいたみたいで「頑張ってー!」と声を掛けてくださいました。
何だかめっちゃテンション上がりました!今までお会いした事が無かったんですが、大会のスタート直前に会うっていう感じが、自分的には素敵でした\(^o^)/

そしてその後、まもなくスタートの合図です。スタート地点から計測開始地点までは先導車の後をパレードランです。

どうでしょうか?前から10~20番目位かな?それ位の位置で計測地点までやって来ました。そして計測地点を越えた所でGARMINのスタートボタンを押して、遂に自分の赤城山ヒルクライムがスタートしました!

さぁここからが本番です。事前にlumoさんと一緒に序盤は走る事にしていました。
計測地点を過ぎると一気に集団はペースアップしていきました。とりあえず離れまいと自分も先頭集団に付いていくイメージで走りました。

かなりのハイペースです。とりあえず自分の前を走る人にくっついて、ドラフティング効果も利用しつつ集団のまま走ります。

そして1km程走った所でしょうか?スタート後の興奮状態から、ふと我に帰るとコース脇の沿道では多くの地元の方が「ガンバレー」と応援してくれています。更には和太鼓の応援の音が聞こえて来たり、なんだか凄い所を走ってるんだなーと急に実感が沸いてきました。

待ちに待った赤城山HCの本番です。この日の為に減量したり、苦しいトレーニングを積んで来ました。試走も計3度も来ました。直前には雨予報もあったりして、こうやって天気にも恵まれ何もトラブルも無く沢山と仲間も一緒に、無事にレースをスタートし、全力の力を出して走っています。そして沿道では大きな声で皆さんが応援してくれています。この大会に対する自分の思い入れが強すぎて、こうやって走ってる事に、凄い感動してしまいました。

すると思わず感極まって涙が出てきてしまいました。本当に老いたなーって良く思います。本当に幸せな瞬間でした。小さいお子さんとかも旗を振ったり、大きな声で応援してくれてます。何だか自分の子供の事なんかも思い出しちゃって、本当に泣けました。今こうやって思い出すだけでも泣けます。本当に心の底から幸せな瞬間でした。

とにかく後で悔いを残さない様に全力を出し切ろう!とこの時、強く思いました。

そして集団は凄いスピードでどんどん登って行きます。その頃にはトップ集団は既に抜け出しており、自分達は2つ目の集団で走っていました。自分の後ろにはlumoさんが付いています。そして自分の前を走ってた人が集団を牽いてる状態でした。

すると前の人が先頭交代を要求して来ました。確かに徐々にペースが落ちていたので、自分がこの集団の先頭を牽く事にしました。3㌔地点付近でしょうか?1㌔毎のラップではベストタイムより10~20秒速いペースで進んでいました。心拍もいつも以上に高いです。いつもゾーンで見てるんですが4.7~4.9で推移しています。自分的には間違い無くオーバーペースです。

本来ならもう少しゆっくりのペースで行くべきなのかもしれませんが、今日なら行けるという確信が何故かありました。周りの方の応援でかなりパワーを貰っています。このままのペースで行こう。後半垂れるかもしれないけど、とりあえずこのままのペースで踏もう。そう思い集団の先頭を牽き続けました

ふと後ろを振り返ると、自分の後ろにlumoさん、そして後ろには長いトレインが出来ていました。先にスタートした選手達をパスしながら、ヘタレジャージの2人がこのトレイン先頭を走ってる様を俯瞰した時に、とても気持良い気分になりました!俺たちペース作ってるよ!ってな具合です(^_^;自分が苦しい場面でlumoさんがスッと前に出てくれて先頭を交代してくれました。本当に助かりました。少し脚を休める事が出来ました。いつも思うんですが隊長の背中を見て走ると元気が出ます。

その後はまた自分が前に出て先頭を牽き続けました。と言うよりは自分のペースで走り続けました。最初の9kmは緩斜面の高速ゾーンです。そしてこの9km地点までは民家も沢山あるので、周りの住民の方々の応援は途切れる事無く続いています。何度も言う様ですが、沢山の応援で本当に元気を貰いました。出来る限り会釈したり、小さいお子さんには手を振ったりしながら走りました。

そして気が付くと自分だけ単独で走っていました。7~8キロ地点でしょうか?ここからは完全に1人です。自分と向き合いながら、自分との戦いです。そして最初の9キロ地点をベストタイムより約1分30秒速いペースで通過しました。

ここからの区間が赤城山HCで1番苦しい区間かと思います。キツイ勾配が長く続きます。山の中に入るので沿道の方の応援も一気に少なくなります。いつもの赤城山の雰囲気です。試走の時と違うのは多く選手が走っている事です。とにかく心拍を落とさない様にサボらない様に、常にサイコンを見ながら、淡々と走りました。そうこうしてると男子Cの選手でしょうか?自分達より5分遅くスタートした選手達に抜かされ始めました。やっぱり速い人は急斜面ゾーンでもスピード域が全然違います。付いていく事すら出来ません。流石です。

これです。これなんです。速い人を見ると本当に刺激をもらえます。どうやったら自分がそうなれるか考えてしまいます。それを少しでも実行して、少しでもあの人たちに近づきたい。そして追い越したい。そんな欲求ばかりが沸いて来ます。

そして急斜面ゾーンも終わり九十九折ゾーンに入ります。何となくですが、スタートしてここまでは本当にあっと言う間でした。とにかくペースを見て心拍見てゴールまで走れる限界値をキープする事、そればかりを考えて走りました。その他にはペダリングです。少しでも、1%でも、0.5%でも楽にペダルを回せる方法を考えながら走りました。

そして大好きな九十九折ゾーンです。僕的にはこのゾーンでいかに踏むかが大事だと思っています。急斜面ゾーンが終わっての九十九折ゾーン、緩斜面が出てくるので思わず休んでしまいそうになります。そこで休まずしっかり加速して急斜面に勢いをつけて入る事をいつもイメージしています。

ですが今回は序盤のオーバーペースもあり、思う様に加速できない場面も多々ありました。でも出来る限り緩斜面に入ったら脚の疲労とは裏腹に、右手の中指にシフトアップをさせます。そして脚を虐めます。まだ回せるよ。サボらず回そう!後で後悔はしたく無い!そんな自問自答を繰り返しながら九十九折区間を走っていました。

でも気が付くとあと2キロ程でゴールです。淡々と自分を高めながら、ペダルを回して来ましたが、後2キロでこの楽しい時間も終わってしまいます。いつもの寂しい病です・・・。もう終わっちゃうのか。と、物凄く寂しくなっちゃいます。こんなに楽しいヒルクライム、いつまででも登り続けたくなってしまいます。もちろん体は限界だし登り続ける事なんか出来ません。でもこの時間を永遠に楽しみたくなってしまいます。本当にヒルクライムが大好きです。心の底から自信を持っていえます。


そして遂に残り500mほどでしょうか?最後の直線に入る2個前のヘアピンカーブを立ち上がった所からゴール地点まで応援の方が沢山いて、物凄い声援です。ゴールまではまだ距離がありますが、ここから思いっきり上げていきました。ゴール地点まで持たないと思うけど、もう高ぶる気持ちを抑えられません。この日の為に、この瞬間の為に頑張って来ました。また感極まって涙がボロボロ落ち始めました。

もうゴールまであと少し、最後の直線です。周りの応援の方の声が自分の耳に飛び込んで来ます。こんな経験って中々出来ません。本当に最高の瞬間でした。脚はもう限界をとっくに超えてます。心拍はz5.3の174まで上がってました。本当にキツかった。相当酷い表情だったのは間違いありません。ラストのストレートを無我夢中で踏み倒しました。下ハンもって最後まで垂れること無く踏み続けました。スピードも30キロオーバーでした。応援の方々のお陰で最後まで、最後まで全力を出し切る事が出来ました。そしてそのままゴールに飛び込んでサイコンのストップボタンを押して自分の赤城山ヒルクライムは無事に走る切る事が出来ました。最後の最後まで沿道の方の応援に沢山の力を貰いました!


20121003-03.jpg
ゴール後はヘロヘロでした。インナーローでも全然進みません。なんとかゴール地点の休憩ゾーン?まで行き足をついて呼吸を整えました。サイコンを確認するとタイムは1時間9分台でした!

ベストを更新出来た!やったよ!物凄い嬉しい瞬間でした(^^)


という訳でレース編、ダラダラと長くなってしまいましたが、面白い要素は全くありませんが、思った事を、思ったまま記録に残しておきました。

本当に読みづらい文章を、最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
次は番外編的な感じかな?もう少し書かせてください\(^o^)/


↓赤城山ヒルクライム最高のイベントでした!書きたい事が山程あって困る~\(^o^)/
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事

COMMENT 23

さっつん  2012, 10. 03 [Wed] 01:45

ほんと、赤城が如何に素晴らしい大会か良く分かります・・・

それ以上にゼロさんがかなりのMなのが見て取れる文章ですねwww

Edit | Reply | 

miya  2012, 10. 03 [Wed] 07:25

感動(^o^)
電車内で読んではいけません~
バーチャルzeroさんが頭の中で走っちゃいます。当然同じ場所でウルウルしてきちゃいますよ~
追い込みましたね(^O^)/九十九折で回せない程の前半のハイペースってどんなだっ!
こんだけの大会で先頭グループで走るとかスゴイデスね。しかもlumo隊長とトレインで引くなんて夢ですね~自分もzeroさん先頭に隊長、自分とトレインをイメージしただけで興奮してしまいました。レースに出れない自分が悔やまれます。
ドンドン背中が遠くに行ってしまうようですが、ヒルクラ隊長、また流ご指導願います。

Edit | Reply | 

Natsurou  2012, 10. 03 [Wed] 08:35

お疲れ様です。
大会の雰囲気とゼロさんの気持ちが溢れているのが物凄く伝わりました。
感動です。ご一緒出来なかったのが悔やまれます。
しかし・・隊長もゼロさんもすごい!
ゼロさんは次は龍勢でしょうか?
進化していく様は傍で見ていてワクワクします^^
っと その前に祭りですね!
楽しみましょう。

Edit | Reply | 

yuu  2012, 10. 03 [Wed] 09:04

miyaさんの言う通り、電車で読んじゃいけませんね。自分も思い出されてちとウルウルしちゃいました。。
あの声援、子供の頑張れー、自分の必死さ、それらのミックスで感極まりますねぇ^^;

同じく感じたところもあり、また自分とは違う思いで走っていたzeroさんの気持ちもあり、とても充実?入り込んで読ませてもらいました!

自分からするとlumo隊長の背中は力強く、zeroさんの背中は羽根がはえて飛んでいく、そんなイメージです。
追いかけて頑張ります!
なのでまだまだ速くなってください(笑) ワクワクします!

Edit | Reply | 

ランス  2012, 10. 03 [Wed] 12:56

あと10分短縮で

もれなくヒルクライムの神•藤田さんレベルです。むしろ1時間10分切りというのがすごいというしか!

序盤のオーバーペースと諸事情の睡眠不足のレポート影響で、12km近辺で脚がツるのを避けるため押して歩いたり、ラスト1kmで両足ツって前へ進めないくらいキツかったりと散々でしたが、序盤からラストまで要所要所で沿道からもらった声援は、確実に後押ししてもらったなぁと。
登りは声援に返す余裕はなかったですがw
(帰りはきっちりお礼言いながら下りましたよ~)

しかし覚悟してたとは言え、半分の10km越えたあたりから「キツかった!」というのが正直な感想でした(・_・;)
次回も楽しみにしてます。

スタート前の変なテンション。分かります分かります。直前の変なアレですか?僕もそうでしたw
あとスタート地点。
同じグループだったようなので、やっぱりニアミスしてますねぇ(゚◇゚)ガーン

Edit | Reply | 

jimao  2012, 10. 03 [Wed] 13:49

よくスポーツ選手が応援が励みになるというのがよくわかりました。
素人の自分達に応援してくれる地元の方達に感謝です。それに感動した自分がいました。まぁ自分は涙が出る程ではなかったですけど(^^;;
ZEROさんの気持ちは伝わって来ました。

それにしてもどこまで速くなるのでしょ!
もうこうなると龍勢ではシングル順位でないとこちらも満足しませんよw
あと今回は無理かも!という言葉も信用しませんw

Edit | Reply | 

るちる  2012, 10. 03 [Wed] 20:59

お疲れ様でしたーーー。
通信簿もちゃんと上昇傾向ですねぇ。って赤城かぁ。来年行ってみようかなぁw(試走で)

しかしぜろさん速いですねぇ。こばそさんとタメ張ってるっていうか・・・
すごいなぁ。
最終兵器も届いたしもっと速くなりそうですねw

Edit | Reply | 

kiki  2012, 10. 03 [Wed] 21:18

あいかわらずの力作ブログ、思い出しなが
楽しく読ませてもいましたよ〜、ホントいい大会でしたよね!そしてあいかわらずの激速ぶり!ホントスゴイ!Newマシンでどこまで行っちゃうんでしょーか(^^)

Edit | Reply | 

lumo  2012, 10. 04 [Thu] 02:49

日曜日はお疲れ様でした。
スタートから1列のトレインで声援の中走った記憶が,今も甦ります。
プロでもないのに閉鎖された車道を走って,沿道に観客がいて,そんな状況に気持ちがどんどん上がってしまいますよね。走っていて,すごく楽しかったです。
Zeroさんの涙が,後ろの渡しにかかって大変でした。ウソですけど。
しかし,あのタイムはビビりましたよ。もう,来年はエキスパート系のクラスがちょうどよいのでは?
私も追いつけるように頑張ります。

Edit | Reply | 

musigny  2012, 10. 04 [Thu] 20:23

拝見しました。
龍勢が楽しみですね。ヒルクライムって好きだなーって私もつくづく思いました。
打ち上げなんとか調整して行きますので、ゆっくり話しましょう。そして、選びましょうw

Edit | Reply | 

suyoyo69  2012, 10. 04 [Thu] 21:53

こんばんは

凄いタイムですね。
このブログを読むとZeroさんの思いが伝染して
私も、来年は富士、乗鞍、赤城で
90分台を目指せればと本気で思っちゃいます。

まだHCイベントは残っているみたいですね。
Newバイクでの更なるタイムアップが期待できますね。
しかし、Zeroさんの体力が羨ましい。

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 04 [Thu] 23:35

さっつん

こんばんは!
赤城山ヒルクライムは本当に素晴らしい大会でしたよ(^^)

え?僕、生粋のドMですよ\(^o^)/
ヒルクライムで苦しんでる自分の姿を見るのが大好きです!うーん。変態( ̄▽ ̄)b

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 04 [Thu] 23:42

miyaさん

こんばんは!
僕もために自分のブログを読み返すと、自分で書いたくせにウルウルしてしまいます^^;

本当に今回の大会は追い込みました。事前に体と心の準備もしっかり行ってきました。
序盤のトレインは本当に気持ちよかったです!
先にスタートしてる方々を、右から高速トレインでパスしつつ、隊長と並んで先頭を牽くのは刺激的で、にやにやしっぱなしでした\(^o^)/

また機会があれば一緒にお山遊びいきまよう~。まったりライドも良いですよ(^^)

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 04 [Thu] 23:45

Natsurouさん

こんばんは!
赤城山ヒルクライムは、Natsurouさんの言ってた通り、本当に地元の方の温かい応援で素晴らしい大会でした(^^)

今回は赤城に向けて頑張って来たので、全力が出せて本当に良かったです。
次は龍勢にエントリーしているので、楽しみにしております。

その前にヘタレ祭り&新車シェイクダウンも楽しみにしております\(^o^)/

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 04 [Thu] 23:47

yuuさん

こんばんは!
赤城山ヒルクライムお疲れ様でした。
応援に本当に励まされましたね。沢山の力を貰ってポテンシャル以上の力が出せました。

>zeroさんの背中は羽根がはえて飛んでいく、そんなイメージです。

ありがとうございます!全然関係無いですが、空を飛ぶ夢を良く見ますw

とりあえずは今年中は乗れるので、その間は頑張ってスキルアップしたいと思います!

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 04 [Thu] 23:53

ランスさん

こんばんは!
ありがとうございます。赤城山はポテンシャル以上の力が出せました。
自分でもビックリのタイムでした(^^)

あの応援には本当に沢山のパワーをもらえましたね。素晴らしい大会でした。

スタート前は変なテンションになりますよね(笑)
おぉ!やっぱり同じグループだったんですね!
また来年も出たいと思っています\(^o^)/

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 04 [Thu] 23:55

jimaoさん

こんばんは!
沢山の応援には本当に励まされました。本当に最近涙腺が弱すぎて困ります^^;

自分でもビックリする程にタイムアップしております。
練習もそれなりにはしているんですが、そろそろこの練習も出来なくなると思うと、少々寂しい気持ちになります。

>あと今回は無理かも!という言葉も信用しませんw

ほんとごめんなさいwナイーブになってる時ですね(笑)

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 04 [Thu] 23:57

るちるさん

こんばんは!

通信簿用のタイムが出せたので、来年も是非参加したいと思います(笑)
るちるさんもヒルクラ大会へ是非!なかなか楽しいです~。

こばそさんにはまだまだ及びませんよー。
自走で赤城行ってからのあのタイムは流石です。
僕も頑張ってこばそさんに追いつきたいと思います。

最終兵器、、、早く乗りたいけど、もう少し時間が掛かりそうです!

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 04 [Thu] 23:59

kikiさん

こんばんは!赤城山お疲れ様でした\(^o^)/

本当に素晴らしい大会でしたね!また出たくなりました。良かったらまた来年もご一緒したいですね(^^)

Newマシンで遅くならない様に、これからも練習頑張ります!

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 05 [Fri] 00:04

lumoさん

こんばんは!
スタート後のトレインは本当に興奮しましたね。周りの声援もあり、最高に気持ちいい瞬間でした。

僕の涙でlumoさんの所だけ豪雨になってないか心配してましたが、大丈夫だったみたいで安心しました(笑)

自分でもタイムアップにはビックリしています。ヒルクライムの経験値も上がってきて、色々と慣れて来たのかもしれません。でもまだまだ先は長いです。お互い頑張りましょう!

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 05 [Fri] 00:06

musignyさん

こんばんは!
赤城山は本気で楽しみにしていたので、出しきれて本当に良かったです。
やっぱりヒルクライムは最高ですね\(^o^)/

ちなみに前日の夜のやりとりも相当楽しかったですね!
とりあえず打上げでは選びましょう(笑)

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 05 [Fri] 00:07

suyoyo69さん

こんばんは!ありがとうございました。

赤城では本当に全てを出し切れた感じがしました。
富士、乗鞍、赤城、いいですね~。
自分も全て出てみたいですが、来年はほぼ無理かもしれません。
なんとか1戦は出たいと思っています・・・。

Newバイクで早くなるかは微妙ですが、モチベーションは間違いなく上がるので頑張りたいと思います\(^o^)/

Edit | Reply | 

前橋庶民  2013, 01. 11 [Fri] 18:09

あけましておめでとうございます。
今年の赤城山ヒルクライム大会2013は9月29日開催です。
http://www.akg-hc.jp/akghc_blg/?p=812
元日に赤城山へ登山に行った帰り、元旦早々から自転車で姫百合駐車場付近を登って行く人を一人見かけました。荷物は背負っていませんでしたので、ウインドブレーカーを着るだけで下山するのでしょうか。

Edit | Reply |