【次のステージへ】 感動の『まえばし赤城山ヒルクライム』 ホスピタリティに溢れてました

20121001-10.jpg
赤城山ヒルクライムの車検で貰ったシール。色んな所の関心させられました。

ホスピタリティとは
「ホスピタリティ(hospitality)」は、一般に「もてなし」と訳される。
wikipediaより引用



さぁさぁ長くなりましたが、今回で『第2回まえばし赤城山ヒルクライム大会』のブログも最後になります。

【スタートまで】 感動の『まえばし赤城山ヒルクライム』 2回泣きました。
【レースで初涙】 感動の『まえばし赤城山ヒルクライム』 2回泣きました。

↑の続きになります。


・レース後

20121003-01.jpg
ゴール地点でlumoさんに写真を撮ってもらいました。

ゴール地点で体を落ち着かせてると、ECUkkさんkobasoさんにお会いしました。お二人とも相当速い方で、タイムも凄い!大会慣れされてる感じがよく伝わって来ました。そうこうしてるとlumoさんもゴールされました。

ゴール地点の売店?的な所で水をいただきました。その水がすっごい美味しかったのが印象的でした!
その後はmusignyさん、jimaoさんもゴールされ、とりあえず荷物引渡しの大沼方面へ行く事に。
ここでも集団での移動になるので待ち時間がありましたが、ここでもスポーツドリンクの配布がありました。そして集団で大沼方面へ移動です。
大沼の駐車場に付くと大量のバイクラップが設置してありました。親切だなーという印象でした。


20121003-05.jpg


そして預けた荷物を回収して、皆さんと集まって密かに用意してたオヤツタイムです!


20121003-04.jpg

「ゴールしたら皆で食べるんだ~♪」って事で事前に用意していたルマンドです\(^o^)/
ここ最近マイブームで、スーパーで安売りしてて買いだめしております(笑)
lumo隊長にはこれでしょう!って事で皆で着替えた後にボリボリ食べました。ヒルクライムの後の甘いモノは本当に美味いっすね(^^)その他にも疲労軽減にBCAAを飲んだり。


その後は下山しましょう~って事で、下山の集合場所へ並びます。下山も集団で行く訳ですが、集団の順番待ちの間にも豚汁?お汁?が小さな紙コップで配布されました。山頂付近は寒かったので、温かいお汁がとっても美味しいです。どこまで気が利くのでしょう。本当に素晴らしいおもてなしです。

下山を開始した訳ですが、最初はゴール地点まで軽いヒルクライムです。下る為に登るという、なんともドMなコース(笑)
そんな登りも楽しんだ後に集団での下山。ゆっくりペースなのでブレーキ掛けっぱなしで少々疲れましたね(^_^;

そして凄いのが、下山中も沿道の方が「お疲れ様~」「また来てね~」と沢山の方が声を掛けてくれます。これにはビックリしました。運営がそこまで指導してるんでしょうか?こんな体験をした事が無かったので、本当に関心しました。

そしてスタート地点まで戻ると拍手で迎えられます。いや本当に恐縮しちゃいます。

そこまでして貰って、嫌な気分になる人は居ないと思います。誰しもが「来年も出たい!」「赤城山ヒルクライムは素晴らしい!」と思うと思います。

ゴール後は完走証を貰いに行きました。そしたらここでもスポーツドリンクを貰いました
更に大会本部の所にゴミ箱があったので、補給食のゴミを捨てに行くと、またスポーツドリンクを差し出されました。流石にもう持てないのでお断りしましたが^^;

こんなに色んなモノを貰った大会って今まで無かったので、驚きの連続でした(^_^;

その後は皆で集まってイベント会場へ順位を確認しに行きました!
自分は驚きの20番台でした!

参加した男子Bの参加者が655人だったので、上位約3%に入れました!本当に嬉しかったです。

その後はイベントスペースで売ってたどら焼きを5個お土産で購入しました。運営から来てた500円券で買ったので実質タダだったんですが、その事は家族には内緒にしております(笑)

その後は皆で温泉へ!凄いジェットな風呂で脚を刺激しつつ、露天風呂で癒されつつ、高温サウナで失神寸前まで頑張りつつ、水風呂で縮こまったりして、リフレッシュ

20121004-01.jpg

ご褒美にカツカレー冷たいキュウリ、何故かプロテインドリンクをジョッキで飲みました(笑)

その後は解散してjimaoさんに家まで送って貰いました。って事で無事に大会を終える事が出来ました。


・ホスピタリティに溢れた素晴らしい赤城山ヒルクライム

本当にしつこいですが、それ程に素晴らしい大会でした!
駐車場から大会会場までのガードマンの配置スタート前の進行沿道の方の応援運営の細かい気配り、非の打ち所がありませんでした。


自分はホスピタリティって言葉が大好きです。
性格だと思うんですが、「俺、尽くしちゃうぜ~~( ̄▽ ̄)b」ってタイプなんです(^_^;

誰かを笑わせたりとか、喜んで貰えたりとか、笑顔になって貰ったり、誰かの為に何かをするって事が大好きです。

今回の赤城山では、皆が口々に「また参加したい!」「来年も赤城山HCに出よう!」「運営が良かった!」等々いろんな言葉を聞きました。
それは全てホスピタリティの賜物ですね!本当に素晴らしい大会でした。

沿道の方の声援、そして下山中にも「お疲れ様~」「また来てね~」って、そういう対応をする様に運営サイドから近隣住民の方に指導があったのかどうか、すっごい聞きたくなりました(笑)

どうしても仕事柄、常にホスピタリティを最優先に考えてお客様と接している自分としても、見習いたい部分が沢山ありました。「また参加したい!」「来年も赤城山HCに出よう!」「運営が良かった!」そんな言葉が出る様なお店(運営)つくりは本当に大事だと再認識させられました。

まぁ激しく話が脱線しましたが(笑)



・次のステージへ

さぁ赤城山ヒルクライムは自分の中ではとても良いタイムが出せました
ご褒美とかそういう意味でも無いんですが、そう、以前からブログでも書いてましたが、
新しいフレームに乗り換えようと思っています。

そう心に決めていたので、今回の赤城山HCが今のバイクで出る最後の大会でした。

・今のバイクでもこのタイムが出せる。
・このバイクだから出せたのかもしれません。
・別のバイクだと今の走りが出来ないかもしれない。

でも、やっぱりヒルクライムバイクに乗ってみたいです。
山登りが得意とされるレーシングバイク。


次のステージへ。
to be continued...


↓ブログの更新が遅くて、色々とネタの渋滞を起こしております(笑)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事

COMMENT 10

jimao  2012, 10. 05 [Fri] 08:24

3部作お疲れ様でした。

温泉で食べたものがプロテインの味以外同じでしたねぇ~
念願のカツカレーは美味かったw

あのどら焼きは、自分だけのモノなんだw生どら旨いですよね。


新フレーム楽しみにしてますよ~
人事なのにワクワクする~

Edit | Reply | 

ヒデヲ  2012, 10. 05 [Fri] 12:43

Zeroさん

遅くなりましたが、赤城山ヒルクライム、お疲れさまでした。
すっごい速かったんですが、これがニューフレームでさらに速くなると、もう気安く声も掛けられなくなりますね。

今度、お遊びで山行ったときに、しごいてくださいw

Edit | Reply | 

ランス  2012, 10. 05 [Fri] 16:15

ニューフレーム気になります‥‥

どこまでZEROさんが速くなるのかも気になりますがw

重ねて赤城山HCお疲れ様でした。まさかあそこまで声援があるとはつゆ知らず。来年も出たいと思える素敵な大会でした。

大会に合わせて1週間夏休みを取ったんですが、翌日には長野の実家へ戻ったものの、赤城山で脚がパンパンなのになぜか2日間でトータル100kmの山岳コースを課してたりしました(^_^;
(碓氷峠も走ってきましたが、旧道なので路面がボコボコ‥‥)

もっと速くなりたいと思う今日このごろです。

Edit | Reply | 

lumo  2012, 10. 08 [Mon] 23:45

こんばんは。
あの大会で感じた,嬉しい気持ちがよく表現されていて,読んだ方は来年出場してみようかと思われるのではないでしょうか?
あまり多くなってエントリーできないのも困りますけどね。その辺は4000人ぐらいの規模にしていただけると助かりますが。
ネクストステージ。
あのフレーム,私も狙っていたのでインプレッションが楽しみです。
ますます速くなるので,手を抜いてください。

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 09 [Tue] 21:15

jimaoさん

こんばんは!
遅くなりましたが3部作頑張って書きました。
こうやって見ると既に随分と昔の様な気がします(笑)

どら焼きは5個買って、自分がその日のうちに3個食べてしまいました(笑)

新フレーム!早く乗りたいです。

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 09 [Tue] 21:18

ヒデヲさん

こんばんは!
赤城山ヒルクライム楽しんできました\(^o^)/
ニューフレームに早くなるかは分かりませんが、テンションが上がるのは間違いないかと思います(笑)

>もう気安く声も掛けられなくなりますね。

いあいあw全然そんな事無いですよ。ただのフツーのおじさんですから(笑)

またお山遊び行きたいですね!秋の山は楽しそうですね~。

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 09 [Tue] 21:20

ランスさん

こんばんは!
遅くなりましたが赤城山お疲れ様でした\(^o^)/

本当に良い大会でしたね~。また来年も是非参加したいと思います。
自分もここまでタイムアップできると思っていなかったので、本当にビックリでした。

またコツコツ練習して、少しでも早くなりたいものです。

>2日間でトータル100kmの山岳コースを課してたりしました(^_^;

おお!凄い楽しまれたんですね~。
碓氷峠の旧道は自分的には大好きです(^^)
秋のヒルクライムに行きたいですね~。

Edit | Reply | 

Zero  2012, 10. 09 [Tue] 21:22

lumoさん

こんばんは!

赤城山HCは本当に素晴らしい大会でしたね。
昨年から大幅に規模が大きくなっているのに、運営に落ち度も無く?特にストレスを感じる事なく大会に集中できました。

ニューフレームは本当に運命を感じました!
結局値段で決めた感じですが、以前より狙っていたフレームなので、満足度も高いです(^^)
完成した是非乗ってみてください。

Edit | Reply | 

前橋庶民  2012, 10. 31 [Wed] 18:49

Humble hospitality

だいぶ遅くなりましたが、赤城ヒルクライムお疲れ様でした。
私はゴール付近で観戦していましたが、涙をこぼしながら疾走していた選手には気が付きませんでした。残念です。1時間9分台でのゴールでしたら、来年はぜひエキスパートクラスで出場してほしいものです。エキスパートクラスだけは先頭集団が速い選手であることが容易にわかりますが、他のクラスですとゴール前だけが速いのか、それともスタートからゴールまでの全工程で速い選手なのか区別がつかないのです。観戦する側からするとその辺の区別がつくと大変有難いです。

『下山中にも「お疲れ様~」「また来てね~」って、そういう対応をする様に運営サイドから近隣住民の方に指導があったのかどうか、すっごい聞きたくなりました』
たぶんそういう指示は無かったと思います。もしかしたら前橋南部が発着点の元日・ニューイヤー駅伝に対抗して前橋北部の赤城ヒルクライムをアピールしたいのかもしれないです。
Humble hospitality(質素なもてなし)。私も好きな言葉です。来年もお待ちしています。

Edit | Reply | 

前橋庶民  2013, 01. 14 [Mon] 15:03

こんにちは。
今年の第3回赤城山ヒルクライム大会2013は9月29日開催です。
http://www.akg-hc.jp/akghc_blg/?p=812
元日に赤城山へ登山に行った帰り、新年早々から自転車で姫百合駐車場付近を登って行く人を一人見かけました。荷物は背負っていませんでしたので、ウインドブレーカーを着るだけで下山するのでしょうか。冬でも登らないと我慢できないローディが前橋にも増えてきたようです。大歓迎です。

Edit | Reply |