【パワーメーター導入しました】Quarq CinQo Saturn Rotor 3D パワーメーター最高です。

20130124-02.jpg
Quarq CinQo Saturn Rotor 3D クランク長170mm 50/34T

導入してから1ヶ月程経過しているんですが、記録に残しておきたいと思います!

パワーメーター。そうパワーメーター(PM)です。
以前の自分から考えると、PM導入するなんてムリムリ(≧∇≦)って具合で、自分には必要ないというか、宝の持ち腐れになるんじゃ無いかな?っていうイメージでした。

でも自転車に乗り始めて、本格的にローラー台でトレーニングをしていくうちに、どうしても欲しい存在へと変わって来ました。

お知り合いの方々の中にも、多くの方がPMを導入されていて、そのトレーニング日記等を読んでいると、更に欲しい度はアップしてくる訳ですよ(笑)

パワーメーターとはそもそも何すか?
自転車に乗ってペダルを回す力を数字【パワー(W:ワット)】で見える道具って感じですかね?

ここ最近ドラゴンボールを読み返してるんですが、まさにスカウターがPM的な感じじゃないでしょうか!
PMは自分の戦闘力(脚力)を数字(ワット)で知る為の道具ですね!


20130124-08.jpg

そして今回導入したのがクランク型といわれるパワーメーターです。
他にはハブ型(powertap)だったり、ペダル型(polar)等々、いろんな種類のパワーメーターがある様です。

自分が選んだクランク型はその中でも高価な部類かと思います。

それぞれ短所長所があると思いますが、自分が今回購入したROTOR CinQoは最善の選択だったかなと思っています。


ちなみにローターチ○コを購入するまでは、ROTOR POWERを購入する気でいましたが、このエントリーでも書きましたが、ROTOR POWERは30mmアクスルしかリリースされなかったので、24mmアクスルのおちん○ローターを購入した感じです。それと年末のセールで一気に安くなったのも良いタイミングでした(^^)為替もまだ円高でしたしね・・・。

それとROTOR CinQoには最初からQ-ringsがセットされている事も大事な要素でした。

今までもQ-ringsを使っており、自分は楕円リングじゃないとダメな体になっています。
なのでQ-ringsが付くパワーメーターもひとつの選考基準でした。


それと1番大事な事は、見た目がカッコイイ!
これ大事ですね(笑)


と言うわけで、今回このローターシンコを導入したという感じです!


20130124-03.jpg
こちらが到着後のROTOR CinQoです。
クランクはROTORの3Dクランクです。クランク長は170mmなので、今まで使ってたクランクと全く同じです。


20130124-04.jpg
付属品その他です。本体の他に専用のマグネットが3種類同梱されていました。

BBカップと共締めするタイプケーブルガイドと共締めするタイプ。それと両面テープのタイプですかね?


20130124-05.jpg
自分の場合はBBは圧入タイプで共締めできないので、こちらのケーブルガイドと共締めするタイプを使用します。

ちなみにマグネットの取付は必須になります。
ケイデンスとPMの起動等に必要になるみたいです。詳しい事はいまいち分かっておりません(^^;)


20130124-06.jpg
恒例の身体計測です。760gでした。
今まで使っていたROTOR 3Dクランク+Q-rings(50/34 エアロ)と比較すると、約50gの重量増になります。


20130124-07.jpg
それにしてもカッコイイ!メカメカしい感じが男心をくすぐります(笑)

Q-ringsは50-34Tで、OCP3という楕円の調整が出来ない固定タイプになります。

それにしても新品のチェーンリングは綺麗!惚れ惚れしますね~。



20130124-09.jpg
それでは取付です。サクッと従来のクランクを取り外しました
BBの状態も特に悪くなさそうでした。


20130124-10.jpg
ケーブルガイドと共締めするタイプのマグネットを、写真の様な感じで取り付けました。

めんどくさかったので、FD&RDのケーブルは外さず作業をしました。
インナートップでケーブルテンションが掛かってない状態で作業をしましたが、やっぱりやりづらかったですね(^^;

マニュアルにはマグネットの設置位置の細かい指定がありました。
正しく設置しないと、パワーメーターが正常に動作しないので注意が必要です。


20130124-11.jpg
そしてROTOR CinQoを取り付けて作業は終了です。
ちなみに今まで付けていたQ-ringsと全く同じ構成なので、フロントディレイラーの調整は必要ありませんでした

クランクの脱着が出来れば誰でも取り付けは出来ると思います。
特に難易度の高い作業ではありませんでした。


20130124-13.jpg
その後はGARMINでパワーメーターのペアリングをして、ケイデンスパワーが表示されるのを確認して完成です\(^o^)/

従来のケイデンス用のマグネットは取り外しました。
GARMINのケイデンス/スピードセンサーで、スピードセンサーだけ使ってる状態です。


20130124-12.jpg
現在のCerveloR5VWDはこんな感じです!

我ながらカッケー\(・∀・)/自己満足です。自己満足です。

パワーメーターが付くとガチ度が一気にあがりますね!(笑)


と言うわけでパワーメーターを導入して1ヶ月程経過しましたが、本当に楽しいです
自分のパワーが数字で見える事が楽しすぎます。

今までは感覚値だったものが、数字で叩き出されます。
その数字に嘘偽りはありません。まさに自分の脚力が数字で分かるんです。


今まではローラー台にしろトレーニングをする時は心拍ベースでしたが、これからは心拍&パワーでトレーニングをする事が出来ます。

これからは自転車に乗る時間も減るし濃い内容のトレーニングがしたかったので、PM導入は本当に良かったです。


それともうひとつPMに求めているモノは、ヒルクライムでの有効活用です。
今まではまさに感覚値でヒルクライムをしていました常に心拍ベースです。

これからは心拍とパワーを見ながらヒルクライムのペース配分等が出来そうです。
PMを導入してから何度かヒルクライムもしてみましたが、少しづつですが活用出来てきたかな?

このあたりもまたブログで書きたいですね~(^^)


という訳でPM導入は自分的には満足度がめちゃくちゃ高かったです。
今まで買った自転車パーツの中でもベスト3には絶対に入りますね。

ああ、そういうエントリーも今度書きたいな(笑)


と言うわけで、これからは己の戦闘力を上げる戦いが始まる訳です。
そしてもうひとつ大事なのは、体重を下げる戦いも始めないとヤバイって事ですね/(^o^)\


↓パワーメーターってドンドン種類も増えていくんでしょうね~。もっと身近になれば良いのにね!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

COMMENT 4

くろけん  2013, 01. 29 [Tue] 01:02

こんばんは

PM!憧れますわあ~。
外的要因で変動しない純粋な数値(あってます?)はとても指標になりますね!

まだ勉強不足で数値の理解が浅いですが、
ZEROさんのパワトレの一端を見て、かなりの出力での
トレーニングと感じました!PMで更にシビアに追い込む
ZEROさんの更なる進化が楽しみです…!

そのうちほしーなあ~。その際は色々教えてください\(^o^)/

Edit | Reply | 

Zero  2013, 01. 29 [Tue] 08:32

くろけんさん

PM導入は自分でもビックリでした。

温度変化に弱いらしく、多少の誤差は出るみたいですが、リアルに数字で出るので本当に参考になりますよ。

もしくろけんさんがパワーを計ると、自分の数値よりは間違いなく大きいと思いますよ。マジでマジで。

優先順位的には低いかもしれませんが、真剣に取り組んでいくと、きっとPMに辿り着くと思います。

その時には色々と情報交換できるといいですね\(^o^)/

Edit | Reply | 

ヨシハル  2013, 02. 11 [Mon] 19:19

はじめまして(^-^)/

ローター3Dで検索してこちらに来ました。

私も3Dクランクを購入しようと思ってるのですが、組み合わせが良くわかりません…

自転車乗りはじめて1年位で、パーツ交換はタイヤ位しかした事がない初心者です。

フレームはコルナゴカンビアゴでBBにはオクタリンクとか言うのがついてるみたいです。

クランク、BBをローターに変える場合、どういう組み合わせが良いのかよくわかりません。

特に、24AXLEと30AXLEのちがいがわからないです…

他の方の記事を見ていたらBBをが24AXLEだからBSA30つけて30AXLEの3Dクランクをつけるとか書いてあったのですが、それなら初めから30AXLEのBBつけたらいいんじゃないの?とかさっぱりわからなくて(^_^;)
御指南いただけると助かります。

Edit | Reply | 

Zero  2013, 02. 14 [Thu] 11:10

ヨシハルさん

コメントありがとうございます\(^o^)/

ROTOR3Dは、まず見た目がカッコイイしオススメだと思います!
アクスルの差など、自分もうまく説明できませんが、クランクのシャフトの径になります。
24mmと30mmという感じですね。

どちらも一長一短あるかと思います。おっしゃるとおりROTORの可変BBを使えばどちらでも装着出来るかと思いますので、後は予算も含めて検討ですかね?

詳しい事はやはりショップ等にご相談されたほうが良いかと思います(^_^;

たいした答えになってなくてすみません・・・。

Edit | Reply |