スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CerveloR5VWD】ディレイラーハンガーを交換しました

20130205-02.jpg
マザー牧場の牛さんの前で悲劇は起こりました(/ω\)

この時房総半島ライドの時に、マザー牧場で↑の写真を撮ってる時に、強風にあおられ自転車を倒してしまいました(;∀;)

その時に不運にもリアディレイラーのハンガーを曲げてしまいました
今までも何度もバイクを倒してますが、ハンガーを曲げてしまったのは今回が初めてでした。

現場でディレイラーを調整して自走出来たので、帰宅後に再度RDの調整をして、変速も問題はありませんでしたが、
曲がったままのディレイラーハンガーも気持ち悪いし、
ロー側に入れた時にスポークとのクリアランスも結構なタイトな具合だったので、
ディレイラーハンガーを新品のモノに交換する事にしました。

購入先は海外通販も考えましたが、国内ショップで購入する事にしました。

サーベロR5VWDの2012年モデル用のディレイラーハンガーですが、ショップに確認して貰うと2種類存在するとの事。
同じ年式、同じ型のフレームでもディレイラーハンガーが2種類あるんですね。ちょっとビックリしました。


20130215-02.jpg
こちらが購入したディレイラーハンガーです。
左が新品。右が曲がってしまったハンガーになります。

パッと見だと全然違いはありません。平らなところに置いてみても、曲がったハンガーも曲がって無い様に感じました。

ちなみに自分のフレームに付いてたハンガーは写真の様な「釣り針型」のモノでした。
もうひとつは「直線型?」があるそうです。

ちなみに国内価格2,500円の代物です。
高い。高いよ。ちなみに海外通販で1,800円程度だったかな?それでも高いですね。

やっぱり国内価格はボッ・・・(ry...:-p

lumoさんも全く同じフレームに乗り換えた事だし、確認してみるとディレイラーハンガーの種類も同じ「釣り針型」だったので、お誘いして一緒に購入しました。

自分も更にもう1個予備として購入しておきました。

20130215-01.jpg
非常に生活観に溢れる、とても恥ずかしい写真ではありますが、曲がったディレイラーハンガーの状態です。
何となくハンガー部分が内側(ホイール側)に曲がってますね。

チェーン外して、リアディレイラー外して、サクッと交換しました。
ちなみにサーベロの公式サイトのマニュアルによると、ディレイラーハンガーを固定する時の締め付けトルク1Nmとの事。

自分が持ってるトルクレンチだと、そもそもこのボルトに使えるビットもないし、手ルクレンチで適当に締めました・・・。これでええのんか?


交換後の写真が無いので、アレですが、、、
交換後リアディレイラーのインデックス調整をしましたが、やっぱり相当外側に調整したので、間違いなくハンガーは曲がってました。

交換後は変速は特に問題も無く、気持ちよくスパスパと変速してくれます。
まぁハンガーが曲がった状態でも変速はスパスパと問題は無かったんですけども(^_^;)

とりあえずはディレイラーハンガーの予備も購入出来たし、良いお勉強になりました。

ライドに出掛けると、自分のバイクの写真を撮ってしまいたくなるお年頃です(笑)
特にこの季節は風も強いし、ディープホイールなんて履いてたら更に風の影響も受けます。

皆さんも世界一カッコイイ自分のバイクを写真に撮る時は、風の向き、固定方法などなどご注意ください\(^o^)/

自分はいままで何度も倒してるので、慣れて来ましたが、
カーボンバイクが倒れた時の音は、何度聞いても冷や汗が出ますね(笑)


↓今まで最高に焦ったのは、輪行袋に入れた状態で派手に倒してしまい、聞いた事のない激しい音がした時です(笑)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事

COMMENT - 2

Dai  2013, 02. 17 [Sun] 22:06

こんにちは。
私も何度か立て掛けていた際にこかした経験がありますが
嫌な感じですよねw
このペダルを利用した立て掛けはよく行いますが
やはりちょっとした外的要因から転倒へつながるので
控えるのが正解なんでしょうね。

Edit | Reply | 

Zero  2013, 02. 18 [Mon] 16:17

Daiさん

こんにちは!コメントありがとうございます!

あの自転車が倒れた時の嫌~な感じはたまりませんね(^^;)

ペダルを利用しての立て掛けは便利ですが、安定感わるいですもんね。
これからは気をつけていきたいと思います!

やっぱり壁系が安心ですね(^_^;)

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。