【ツール・ド・八ヶ岳に参加して来ました】今年最初のHCレース!悔しさが凄いです。<スタートまで>

20130416-01.jpg
ツール・ド・八ヶ岳のゴール地点麦草峠。初めて来ましたよ\(^o^)/

という訳で日曜日は2013年のヒルクライム初レースツール・ド・八ヶ岳に参加して来ました!

鉄は熱いうちに打て!って事でなるはやでブログアップしたかったんですが、仕事遅い使えないビジネスメンなので勘弁してください(笑)


という訳で2年連続2回目の参加ツール・ド・八ヶ岳を振り返りつつ記録に残しておきたいと思います。

とにかくレース前に満足に自転車に乗れなかったんですが、前日にはホイールの様子見の為に1時間ほど江戸川を走ってました。

そしてレース当日は深夜1時起床って事で前日の21時ごろには就寝。なんとか睡眠時間を4時間キープ。
もちろん全然少ないんですが、今の生活だとこれが限界でした。

そして2時過ぎに家を出発して自走で都内某所のコンビニで、今回一緒に八ヶ岳に参加するlumo隊長と合流。
昨年同様、車に乗せていただき、レース会場の長野県佐久穂町を目指しました。

印象的だったのはコンビニで合流した時に、顔を合わすなりお互い今年初のレースにニヤニヤしておりました(笑)
隊長もお山が大好きっすな。そしてヒルクライムレースが大好きなんだな~ってしみじみ思いました。

車中でも自転車話に花が咲き、あっと言う間にレース会場に。
到着した頃には空は徐々に明るくなってましたが外は猛烈な寒さ
道中の温度計ではマイナス2度表示もありました。

ガードマンに案内されたグランドに車を止めて、車内で受付時間までまったりしたり、三船さんのポッドキャスト聞きつつウトウトしたり。
6時ごろにはレース3時間前って事で、おにぎりmgmgしたり。セブンで買った赤飯おにぎりがマイブーム
それと道中に車でアンパンもむしゃむしゃしたっけ。

軽量化にトイレに行こうとしたら寒くてグランドの土が凍ってました(^_^;
とりあえず1回目の軽量化は何の問題も無く完了。

20130416-03.jpg
ちなみにこんな感じで参加者の車でグランドは満車状態でした。

それにしても天候に恵まれてました。ここからも八ヶ岳のゴール付近が綺麗に見えました。
雪に覆われてとても綺麗な風景でした。


その後は自転車を組み立てて、一旦スタート付近にある受付会場へ。寒過ぎて泣きそうだった(笑)
lumoさんは防寒もばっちりで何だか余裕な雰囲気。自分は装備に不安を感じました(^_^;


20130416-02.jpg
その後は隊長のローラー台を借りてアップしたり。自分が先に20分やらせてもらいました。
メニューは10分アップして、2分vo2max、1分レスト、1分vo2maxってイメージ。その後CD。
いい汗かいて程ほどにアップ完了。

そしてlumoさんがアップしてる間にジャージにゼッケン付けたり、下山用の荷物を用意してたら異変が・・・。
お腹が痛い、、、さっき軽量化したばっかりなのにお腹が痛い、、、

これは緊急を要する感じの痛さ。いわゆるPPP。ちょっとトイレ行って来ます~って事で再度トイレに。
程よく順番待ちをして何とかギリギリセーフ。完全なるPPP。やばい。水分もってかれた感じ。

緊張って訳じゃないと思うんですが、ちょっと気になったのは栄養ドリンクかな?あれがお腹に変に効いちゃったのか。
まだお腹が痛い状態だったけど、下山用荷物を持っていざ決戦の地スタート地点へ移動しました。


ちなみにこの頃には気温もぐんぐん上がって来ていました。
天気予報で確認してもコース途中のスキー場でゴール時間付近でも10度の予報だったので、
ウェアは何の躊躇もなく半袖ジャージをチョイス。下ももちろんヘタレビブです。

夏用インナーに夏用半袖ジャージ、下はコンプレッションタイツにビブショーツ。
スタートまでは体が冷えるので上はベスト、下はレッグウォーマーを装備って感じに。
手袋は夏用の指きりをチョイス。


スタート地点で荷物を預けて、少し時間もあるので隊長と小話など。
そうこうしてるとBKHさん登場!ヘタレ祭りでご一緒して依頼だったので、色々とお話しをして、和やかなムード(^^)

過去に何度かヒルクライムの大会に出場してますが、何度か見た事がある人がちらほら。

少し話しがそれますが、今年2度赤城山に登ってますが、その際に2回とも遭遇した赤城山PT3連星のFOILの方もおりました。
あの方とは今年になって3度も会ってる事になります。何だか面白い。きっとこっちの事は全く気にして無いとは思いますが、すっごい速い方なので、僕的には興味津々(^_^;

そして隊長と話してて思い出したんですが、昨年も赤城山でPT付けた速い方にパスされたんですが、きっとこの方ですね。顔を見て間違いないなーっと。次回どこかで合ったら声掛けてみたいなー。ちなみにその方は自分とはクラスが違いましたが、八ヶ岳のリザルトを見ると超超上位でした。やっぱり速い人だったんや~。


20130416-04.jpg
そしてスタート30分前だったでしょうか?各クラス毎に整列が始まりました。自分は男子Dにエントリー。
lumoさん、BKHさんと共に前から4列位?に並んでスタートの時を待ちました。

写真でも見えますが頂上のゴール付近にはまだ雪が残っている様です。
これからレース距離約25km。標高差は約1300mのヒルクライムレースに挑むんです。

この瞬間がたまらなく最高ですよね!レース会場って本当に心踊ります!

周りを見渡せば全員が猛烈に速そうに見えます。
皆さん高級機材を装備してたり、他の人のバイクを見てるだけでも十分楽しめますね(笑)

そうこうしてるとスタート時間が近づいて来ました。
開会式が始まり毎年恒例?のマトリックスパワータグの安原監督のありがたいお話を聞いて会場の緊張もほぐれますね(笑)
あの人の関西弁のお話は毎年ニヤニヤさせられますねw参加された方には通じる話かと思います(^_^;


という訳でレーススタートの9時が近づいて来ました。

とりあえず羽織っていたベストを脱いで、レッグウォーマーも外しました。
レッグウォーマーの片方だけをビブショーツのお腹に入れました。
まだまだ肌寒い感じだったし、僕のデリケートな胃腸が悲鳴をあげない為にも、お腹冷やさないように対策。
結局ゴールまでお腹にレッグウォーマー入れたまま走りました。お腹痛くならなくて良かった(^_^;


そして定刻の9:00になりチャンピオンクラスから順番にスタートしていきます。徐々に緊張感が高まって来ます。
でも隣にはlumoさん、BKHさんがいるので心強かった。

スタート直前にお互いの検討を祈り熱い握手をして、スタートの瞬間を待ちました。

今思い出しても胸がドキドキします!

やっぱりヒルクライムの大会は大好きです\(^o^)/
あの緊張感。あの雰囲気。そしてこれから始まるレースに向けてドキドキ感が凄いです!

↑の写真の左にある登り?を見ると良く判りますが、この頃になると朝は吹いていなかった、
強烈な風がコースに向かって正面から吹き降ろして来るのでした。。。

この風に苦しめられ、そして自分の甘さを思い知らされ、とても悔しい内容のレースについては、
また次のブログで書いてみたいと思います。


仕事が忙しくなかなかブログアップ出来なくて、1つにまとめて書こうと思ってたけど、思いだしながら書いてると悔しくて悔しくて、書きたい事が増えちゃったので、2回に分けて書かせてください(^_^;

とりあえずここまで読んでくださった方、ありがとうございました。
レースブログは書きながら色んな感情が蘇ってくるので、書いてても楽しいし、今回は悔しさも凄いっす(笑)


↓今迄数回してレースには出ていませんが、今回の展開は自信初の内容。良い勉強になりました。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事

COMMENT 4

BKH  2013, 04. 18 [Thu] 21:30

おつかれさまでした!

先日はお疲れ様でした!

lumoさんZeroさんにくっついていたので、
すばらしいスタート位置を取れたのに、
スタート直後のペースに怖さを感じて緩めてしまいました(笑)

このコースの1/3から上は走ったことがあったのですが、夏とはまったく景色が違って本当に勝手がわかりませんでした。

いろいろと苦しいレースになりましたが、
仰るとおり、HCは本当に楽しいですね!

セマスの面々は、先日疲れが取れない。。。
というメールがまわってきたり、
私もいまだ自問自答を繰り返す苦しい余韻を楽しんで?います~

Edit | Reply | 

kana  2013, 04. 19 [Fri] 18:21

続きマダー?
レースのBlogは読んでると面白いので早くお願いします!(自分のことは棚上げしながら

Edit | Reply | 

Zero  2013, 04. 21 [Sun] 07:51

BKHさん

先日は八ヶ岳お疲れ様でした!

自分は初めて麦草峠まで登りましたが、想像以上の難コースで、かなり辛かったです。

それでは大会はとても楽しめました。

今回はスタート前の時間をご一緒出来て本当に良かったですね(^^)

また普段のライドから、レースまで是非ご一緒しましょう\(^o^)/

Edit | Reply | 

Zero  2013, 04. 21 [Sun] 07:52

kanaさん

レース楽しんで来ました!
最近仕事が忙しくなかなかブログ更新できてませんが、なんとかレースブログをアップしました。暇な時にでもどうぞ!

Edit | Reply |