スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【夢の自転車ランドへ】JCRC第6戦群馬CSCに参加してきました。

20130714-01.jpg
夢の自転車ランドへ行って来ました。今更ですが、この看板の写真みてツボってます(笑)

という訳で今日はJCRC第6戦群馬CSCに行って来ました。
JCRCは2度目の参戦群馬CSCはお初で御座います。


と言うか、サクっと書きます。何故なら猛烈に眠いので\(^o^)/


前日は少しでも睡眠時間とろうと思って22時ごろに就寝するも、興奮してか変な夢をみつつ2時間毎に目が覚めるかんじ。

そんなこんなで今回も一緒に参加するくろけんさんに迎えに来てもらい、早朝から群馬CSCを目指しました。
初の群馬CSCはどえらい山の中にありました(*´∀`)

現地についてから車に乗ったまま開門待ちなんかあったりもしつつ駐車場にイン。
そうこうしてるとシンイチさんIdeさんと遭遇\(^o^)/

知り合いに合うと何だかホッとする感じ(笑)

初の群馬CSCで何すれば良く分からず、いつもの如くくろさんと右往左往しつつバイクの準備を。
屋内のテーブルがある所に荷物を置いて場所確保して、色々と準備して試走へ。

くろさんと一緒にコースイン。すると、くろさんはバビューンって行ってしまい、あっと言う間に視界から消えた\(^o^)/

自分は4日ぶりかな?の自転車だったので、ゆっくりアップしつつ試走。
そうそう、ホイールをレーゼロにするか、ENVEにするかも試走をしてから決めようと思ってて、とりあえずレーゼロを履いて来ました。

そうだ、これも印象的だったのが試走にコースインする直前に、いつもお世話になってるショップの店員さんに偶然にも遭遇!
おお~!って感じでお話をしつつ、
「群馬ってどんなコースなんですか?」って聞くと「ジョットコースターみたい!」って言ってました。
ふむふむ、ジェットコースターかーなんて思いつつ試走へ。その方はSクラスの方でした。


ホームストレートから下り区間ヘアピンアップダウンとまったりペースで試走。
第一印象は路面がバンピー!とにかく路面が悪い箇所が目立ってて、気をつけないと危ない感じ。

レーゼロに8気圧弱入れて来たので、バンピーな路面で跳ねまくりで怖い怖いw

そして噂の心臓破りへ。修善寺のそれと比べると、そこまで心臓は破れない感じ?(^_^)ゞ
常にGARMINの斜度をみつつまったり登りました。

そんな感じで終始マッタリペースで2周ほど試走をしました。

試走から戻ると、だわさんkobassoさんに遭遇!だまさんはいつも素敵な笑顔で気持が良い!!!
kobassoさんも何かやってくれそうな雰囲気。実際に入賞されていて流石で御座います\(^o^)/
前回の修善寺の時のkobassoさんのDクラスの走りが、僕的には物凄い印象的で、今回自分がDを走る時のイメージをそれに近づけたく妄想しておりました。

更にはだーさんにも遭遇。いつも荒川界隈でお会いしてる方々と、群馬のレース会場で会うのは何だか新鮮で御座います(^^)

試走後はくろさんのレースが始まるって事で、自分はその前にくろさんに車の鍵を借りて、レーゼロのエア調整へ。
7気圧弱まで落としてこれで大丈夫かな?って感じ。実際に大丈夫でした。

20130714-02.jpg
そして試走した感じで、そこまで登りがキツクないので、今回はENVEでは無く、超軽量ホイールではなくレーゼロをチョイス。
レーゼロは加速も気持ちいいし、高速での維持が楽なので、群馬CSCはそっち系の方が良いのかな?って感じ。


そうこうしてるとくろさんのクラスがスタート。
クロさん自信も気合が入ってる様子で、ホームストレートに戻って来た時はとても楽しそうに2番手を走行。
そして次の周回に入って集団が帰ってくるもくろさんの姿が無い。
そうこうしてる戻って来てそのままDNF。話を聞くと他の選手と接触してしまい、ブラケットが曲がってしまいブレーキに影響が出たそうな、、、不運でしたが仕方無いっす。次に是非つなげてもらいたいです!


そして自分の参加すうDクラスのスタート時間が近づき、整列が始まりました。
2度目って事もあり特に慌てる事もなく、前から2列目に整列。

そして定刻通りにスタートで御座います。パーン

とりあえず今回のテーマは経験です。
マスドレースの経験。JCRCの経験。集団での立ち振る舞いの経験。レースの経験。
それを少しでも得られればって感じで挑みました。

そして約6キロのコースを7周って事で、レース時間もとても長いです。
更にはレース中は曇ってたそらも晴れ渡り、気温も上がってきていましたし、暑さにも慣れる練習です。

そんな事を考えながらスタートしました。

スタート後は集団の中盤辺りでひらひらしつつ。
下りの後のヘアピン2個を慎重に。とにかく路面が悪いので、位置取りには注意しました。

そして集団送。これはもの凄い勉強になりました。いろんな声を掛け合ってました。
ヘアピン手前では「ブレーキ!」、ヘアピン直前では「ラインキープ!」等々。

こういう経験はした事が無かったのでとても新鮮であり、良い経験になりました。

他には別クラスの選手が落ちて来た時に、「左いるよー」とか。ちょっと言い方ちがうかも。
自分の斜め後ろに他の選手が上がって来たときに「横いるよー」とか。
自分の身を守るために自分から声出してる感じですかね。なるほど、なるほど。
あとは登りに入るタイミングで「ダンシング気をつけてー」とかも聞いた気がします。
どうしてもダンシングすると一瞬減速してしまうので、集団が密集してると接触のリスクがあがりますもんね。

フラフラしてる選手には厳しい声も上がってましたね。

そんな体験をしつつ、すべてが新鮮で、とにかく集団から千切れない様に、自分のポジション、立ち位置を死守しつつ、周回を重ねました。

スタート後はアドレナリンも出てるからか、そんなに踏んで無い様でも心拍は結構上がってる感じでした。

とにかく集団の出来るだけ前の方に位置しつつ周回を重ねる様に注意してたんですが、
気が付くとドンドン後ろの方に行ってる感じがしました。

事前に皆さんからのアドバイスで、ヘアピンは出来るだけ前で入った方が良いって聞いていたので、
前の方で入って下り区間へ行くんですが、登りで一気にペースが落ちるので前に詰まってしまい、
一気に横に選手が広がるタイミングでまた後退するって感じです。

そんな事を色々と考えながら集団のまま周回は続いていきました。

心臓破りの坂ではそれなりの強度になるので、登りで遅れない様に。
むしろ登りで無理しない様に気をつけました。
最初の方がアウターで登ってましたが、後半は少しでも脚残そうとインナーで高ケイデンスのイメージでクルクル。

そして周回を重ねつつ、自分のベストな展開を考えてみました。
集団の中盤でひらひらしてましたが、残り2周に入ったら出来るだけ前に上がろうと。
そして逃げ的なアタックが掛かっても直ぐに反応できるポジションに居よう。
あとはとにかく下がり過ぎない様にって感じでいけばチャンスあるかな?って感じでした。

終盤に入ってくると、特定の選手が下り区間でアタックを繰り返していました。
でも他の選手が誰も追走せず、結局吸収を何度か繰り返していたと思います。

今から思えば、自分もあの人の逃げ的アタックに乗っかるのも面白かったかなって思っています。
あの人は僕から見ればかっこよかったです。自分は常に保守的な感じでした。

あとはスタートライン、ゴールラインを超える辺りで、Ideさんや、くろさんkobassoさん、そして途中からはタロウさんも来てて、声援がとても嬉しかったです。
とても励まされました!

そして集団のまま周回は続きます。とりあえず定期的にボトルの水を口に入れる様にしました。
飲めるチャンスって結構少なく、そのチャンス逃すと次は結構先だったりするので気をつけました。

そして残り2周目に入った辺りでしょうか?
そろそろ前目に出ようと思ってゴールラインを超える辺りで5番手位まで上がってみました。
その頃になると先頭の方々も徐々に牽制ムード。おまえ牽けよ的なオーラが。

そして集団の前方から中盤では位置取りが激しくなって来ました。
皆考えている事は同じです。出来るだけ前目でファイナルラップに入りたい。
徐々に殺気立って来るというか、集団がそわそわしてる感じがしました。

登り区間ではいままで以上にペースが上がります。付いては行けるけど結構辛い。
ヘアピンの立ち上がりとかも、一気にペースが上がるので前目にいないと辛い辛い。

心臓破りの坂なのかな?右にグイっと登りながら曲がる所。あそこが1番辛かったですね。
なので、最終周のあそこが鬼門だと思いました。

そんな感じでジャンの音を聞きつつファイナルラップへ。
ホームストレートはたぶん10番手以内では入ったのかな?記憶が曖昧です。

下りで出来るだけ前に。1個目のヘアピンの立ち上がりでもグイグイ踏んで、あの瞬間がとても気持ち良かったのを体が凄く覚えてます。

そして二個目のヘアピンを超えてS字へ。
この辺りもスピードが乗ってるのでタイヤのグリップを常に感じながら、レース中で辛い局面だけど、とても気持の良い瞬間でした。

タイヤをしっかり路面をキャッチしつつ、コーナーを抜けていく感じ。気持良いですよね!

さぁここから登りフェイズ。勝負どころです。
いかに良いポジションで心臓破りに入っていくか。

とりあえず先頭は見えてる位置。数人飛び出した様に見えたけども、まだまだ届く範囲。
ジワジワ登りつつ、そして下ってまた登って、そして1番登りが辛い右にグワって曲がる所へ。

先頭の人達がキツイ登りで一瞬遅れた。僕はまだ行ける。前に出たかった。

でも丁度他のクラスの人達もそのタイミングで落ちてきて、キツイ斜度の辺りで選手が横一杯に広がってて前に出る隙間が無い。

前に出れない。

その時後方から上がって来た数人の選手が進路をこじ開けた。叫んでた。

開いた。出られる。

僕も後を追う形で前に出る。結構辛い局面。数人を抜いたと思う。

その後は短い下りがあって、ゴールまでの短い登りへ。

登りきった後もペダリングを続けてくだりへ。下りも脚を止めたら追い付かれる。

ゴールまであと何百メートル?もうそんなに無い?

そうこうしてたらゴール手前のラストの登りへ。

下りの惰性で一気に上る。

僕の右にも、そして左にも、僕を交わそうと他の選手の前輪が見える。

とにかくダンシングでラストのもがき。

とりあえず今のポジションを維持すべき必死でもがいた。

たぶん左後ろの選手が叫んだ。僕も負けられない。

あっと言う間。登りに入ってあっと言う間でゴールラインが見える。

とにかくその位置をキープしたままゴールラインを通過したと思う。


20130714-04.jpg
※タロウさん撮影 ありがとうございました!


僕の前で何人ゴールしたんだろう?

ゴール後に目の前に数人の選手が僕より先にゴールしてるのが見えた。

実際に何位なのかはその時は分からず。


そこからはとりあえず無事にゴールできた事に安堵。
スタートラインまで流しつつマッタリ走りました。
途中でたぶん3位でゴールした人とお話しつつコースアウトするまでマッタリ。
その人も今回が初Dクラスで初群馬だと言ってました。


そしてコースアウトして息を整えてると、ideさんが「おめでとうございます!」と。
まじで?何位なんだろう?「たぶん4位か5位だと思います!」と!


その後も、くろさん、たろうさん、kobassoさんが来ておめでとうございます!と。


まじか。イマイチ実感が無かったけど、入賞してるかも。


でも実はゴール後から凄い悔しさで一杯でした。
前回の修善寺と比べて、疲労感が全然違って、今回は出し切れて無い感じが凄かったんです。

ラストの心臓破りからは踏んだんですが、ゴールしてからもまだまだ脚が残ってる感じがして、
物凄い悔しさがこみ上げて来ました。

もっと手前から、もっと前の周から、もっと、もっと。
もっと踏めたと思うんです。

実際にはそうじゃ無いかもしれないけど、前回の修善寺の時の様に、ゴール後に起き上がれない程のダメージは全く無し。

全体の流れに任せすぎたのか。
閉じたラインをこじ開けた人達が先着してるのは間違いなし。

あの時、もっと早いタイミングで自分がアタックすれば、もっと前でゴールできたんじゃないか?

もの凄い後悔しました。周りの皆は入賞を祝ってくれて本当に嬉しかったんですが、何だか自分的には出し切れなかった感があって、凄い悔しかったです。

これも経験なんですね。これがレースなんですよね。


そんなこんなで正式なリザルトを見ぬまま表彰式がスタート。
自分のD1クラスの表彰が始まると5位で呼ばれました。
この時点で初めて自分が5位だったんだと知りました。


って事で前回の修善寺につづき、群馬でも入賞させていただきました。
出し切れなかった感はありますが、素直に嬉しいです!
ありがとうございました!


20130714-03.jpg

本当に入賞はサプライズでした!素直に嬉しいです。
という事はCクラスに昇級って事になるのかな。
もっと凄い世界が見えるんでしょうか。楽しみすぎますね(^^)

今回2度目のJCRCでしたが、とにかく楽しい。これ間違いなし。
これからも出来る限り参加してみたいと思います。

という訳で書き出すとなかなか終わらず、長いブログとなってしまいました。
駄文では御座いますが、最後までお付き合いいただきありがとうございました(^_^)ゞ

JCRC群馬に参加された皆さんお疲れ様でした!
そしてツイッターでコメントいただいた皆さんありがとうございました!
最後までブログを読んでいただいた皆さんありがとうございました!

これからも楽しい自転車遊びを続けていきたいと思います。
これからもよろしくお願いします(^_^)ゞ

↓次にJCRC出られるのは何時になるのかな?そろそろ山登りたくてウズウズしております\(^o^)/
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事

COMMENT - 6

Makoto  2013, 07. 15 [Mon] 05:42

おめでとうございます!

グンマーお疲れ様でした&おめでとうございます!

読んでいるとレースの状況が目に浮かび、こっちまでそのレースに参加しているような気持ちになって来ました。
その時その時でいろんな状況があり判断を迫られ、その判断で大きく順位が変わってきたりするんでしょうね。

出し切れる状況、そうでない状況あると思います。
出し切らなくても自分の立ち位置を1つ上に上げることが出来たとポジティブに捉えてもよいのではないでしょうか。

いやーそれにしてもほんとスゲーっす。
僕も深夜の暴飲暴食やろうかな。。。(^_^;)

Edit | Reply | 

suyoyo69  2013, 07. 15 [Mon] 10:39

おめでとうございます。

Zeroさん こんにちは~

おめでとう御座います。
修善寺に引き続き入賞とは凄いですね。
私には絶対見れない世界です。

ヘタレな私ですが、ロングにご一緒する際には
是非、マッタリ前を牽いて下さい。
私だと前を牽く脚はありませんので(汗

Edit | Reply | 

lumo  2013, 07. 16 [Tue] 12:22

こんにちは。
厚い中お疲れ様でした。
これだけの内容で後悔しているZeroさんは流石だと思うし,らしいなぁーと思いました。
出しきれなかったけど,入賞しているわけで次回クラスが上がったら,もっとヒーヒーできるレースになるんじゃないですか。
読んでると自分も参加したくなっちゃいます。
今度はつくばで萌えましょう。じゃなくて燃えましょう。

Edit | Reply | 

Zero  2013, 07. 18 [Thu] 17:08

Makotoさん

ありがとうございました!

今回はご一緒出来ませんでしたが、またチャンスがあれば是非いきましょう!
群馬は修善寺と比べて登りがきつくないので、集団になりやすく、レース展開がとても重要な感じでした。

自分は展開的には余裕があったので、レースを作るような動きもしてみたくなりました。

まだまだこれも経験ですね!
今後もチャレンジしていければと思います\(^o^)/

Edit | Reply | 

Zero  2013, 07. 18 [Thu] 17:09

suyoyoさん

ありがとうございます!

自分もビックリの連続入賞となりました。
レースは本当に楽しく、今後も続けていきたいと思っています。

またご一緒出来る時は全力で牽かせてもらいますね(^^)

Edit | Reply | 

Zero  2013, 07. 18 [Thu] 17:11

lumoさん

JCRC2戦目を楽しんできました。
やっぱりヒルクライムもそうですが、レースは楽しいですね!

スタートの緊張感も、他の参加選手の雰囲気とか、レース会場独特の空気感がとても心地良いし、刺激になります。

次はつくばですね!僕も萌えまくりたいと思います(笑)

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。