スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シクロクロス始めます!】ペダルはCrankBrothersのcandy 2にしました!

20141117-01.jpg
Crank Brothers(クランクブラザーズ) candy 2(キャンディ2)

シクロクロス熱がヤバいっす!

シクロクロスシーズン真っ只中。もの凄い盛り上がりを見せてますね~。
自分も早く走ってみたいですが、今週末は秋ヶ瀬の森バイクロア3を観戦予定です\(^o^)/

そして自分のCXバイクですが、まだまだ組める状態では無いんですが、続々とパーツを揃えています。

今回はペダルをご紹介。
今まではロードバイクメインだった訳ですが、最初はSPD-SLから入ったんですが、
ここ最近はずーっとスピードプレイを使い続けてきました。
このペダルに全く不満は無く、当時悩んでいた膝痛もこのペダルのお陰で改善しました

そして今回シクロクロスを始めるにあたってペダル選びですが、
SHIMANOのSPDも検討しましたが、candy2を導入する事に決めました!



色々調べてみたり、既にシクロクロスをやってる、やまぞう先輩や、くろさんにもアドバイスを貰ったりして、
このクランクブラザーズのキャンディ2に辿り着きました。

くろさんはクランクブラザーズのeggbeater(エッグビーター)というモデルを使っていたんですが、
このcandyシリーズはエッグビーターにフラットペダルが付いた様な感じでしょうか?

選んだ理由ですが、初心者でもありますし、こっちの方がステップインも簡単なんじゃないのかな?
もしステップインがうまく出来なくても、フラペ構造なので、何とかペダリングが出来るんじゃ?
という感じで選びました。

ちなみにcandyシリーズにはcandy1~3の3種類がありますが、
自分は真ん中のcandy2を選んでみました。

1番安いcandy1はボディがポリカーボネイトボディ製との事で、
ハードなシクロクロスでの使用には向いてないかな?すぐ壊れちゃうかも!って事で無し。

2と3ですが、色的にシルバーが良かったので、キャンディ2にしてみました。
やっぱり色とか自分のテンション上がる奴が良いですよね(笑)

20141117-02.jpg
という訳でこちらがcandy2のシルバーです。CXフレームは無いのに開封してニヤニヤしております(笑)

20141117-03.jpg
こちらが付属品です。クリートがとっても小さいですね!

ボルトが2種類。あとはシムが入ってました。

20141117-04.jpg
そして恒例の身体計測です。

こちらが右かな?160gでした。


20141117-05.jpg
そしてこちらが左かな?同じく160gでした。

ちなみにカタログスペックでは重量:296g(ペア)との事なので、
合計320gとなったので、24gの増って結果でした。


20141117-12.jpg
はい!我慢できない男なんです(笑)

って事で、シクロクロスバイクはありませんが、とりあえずロードバイクのサーベロにこのペダルを取付て、
暫くペダルに慣れる為に乗ってみよう!っていう流れです\(^o^)/

とりはずしたスピードプレイと並べてみました。
ペダル単体で見れば随分と大きくなる印象ですね。

でもスピードプレイなクリートが大きく、重そうな印象なので、
candy2とスピードプレイを比較するとそんなに重量差は無いんじゃないかな?
今度調べてみよう。

20141117-13.jpg
実際に取り付けるとこんな感じになりました。

ぱっと見の印象も大きいな~って感じしますね。

という訳で、ロードバイクにcandy2を取り付けて、
先日の筑波山ライドへと行って来たんですよ。

今までのスピードプレイの感覚とは全くの別物という印象でした。
もちろんシューズも変わりましたし。

実際にヒルクライムもしてみましたが、全然問題無いですね!
このペダルだから極端に遅くなるとか無いと思いました。
この辺りはもう少し使ってみてからインプレなり出来ればと思います!

それにしても、久々に機材を変えたので、刺激的でした!
新しい世界へ足を踏み入れた感じが凄いしました。

今までは軽量化だったり、1秒でも速く走る為に機材を導入してきた訳ですが、
今回のペダルは少し毛色が違います。
色んな自転車の楽しみ方がある訳で、非常に刺激的でした\(^o^)/

↓このペダルでCX的な乗り降りの練習を少ししてみましたが、やっぱり難しい!練習あるのみですね!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




関連記事

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。