スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《野辺山CX対策》Gevenalle / HOUP カセットスペーサー

DSC04000-2
Gevenalle / HOUP カセットスペーサー

さぁ来週末に迫って来ました野辺山シクロクロス(Rapha スーパークロス野辺山)ですが、僕の中では色々とドキドキして来ました!

やはり憧れの野辺山CXです。それ以上に不安も多い野辺山シクロクロス。
去年は日曜日に観戦に行きましたが、リアディレイラーがぶっ壊れる、いわゆるモゲラーが多発してました!
モゲラーのリスクを少しでも軽減するアイテムが今回導入したGevenalle / HOUP カセットスペーサーです。

実は1年前位に購入していたのですが、やっと出番が来ました(;´∀`)
購入はabove bike storeさんです。シクロクロスする人はabove行くと何でも揃うと思います!品揃えは半端ないと思います!またMUDMANのディレイラーハンガー買いに行かねば(;´∀`)

このアイテムの目的はディレイラーとホイールスポークとのクリアランスを広げる為のモノです。
僕のバイクは10sの構成ですが、スプロケのトップギアを外して、ロー側にこのスペーサーを入れる事により、
10s→9sにギアを減らして、ロー側のクリアランスを広げるのが目的です。
この動画がわかりやすいと思います!

Gevenalle Cassette Spacer (HOUP) install from Gevenalle on Vimeo.



というわけで自分のスプロケはCS-7800の12-27tを使っているので、
12 13 14 15 16 17 19 21 24 27 (10速)という構成ですが、
これの12tを外して、
13 14 15 16 17 19 21 24 27 (9速)という形で運用する事になります。

ちなみにフロントはQCX1の38tです。シクロクロスではtopギアは使う頻度が少ないので、
12tが13tになってもおそらく問題ないと思います。
コースによっては舗装路が長くてtopでギア足りないとか、ラストのスプリントでギア足りないとかとかあるかもしれませんが、リアディレイラーがモゲル事を考えると、これ入れた方が安心かと思います。

特に野辺山の様なモゲモゲコースには必要という判断です(;´∀`)

という訳で早速取り付けてみました。

DSC04002-4
ホイールはwh-6700です。10s運用ですので、スペーサーが入っています。
その外側にHOUPのスペーサーを更に入れます。



DSC04003-5
後はロー側から9枚分のスプロケをセットして、専用のロックナットで固定するだけ。
これで10速→9速という感じですね。



DSC04006-8


DSC04007-9



DSC04011-13
自転車にセットして、リアディレイラーのインデックス調整をして完了です。
トップ側の位置は変わらないので、ロー側を9速の位置にロー設定するという事ですね。
この調整がやらないと、シフターの操作で実際のロー側の位置まで動いてチェーンが落ちてしまうので要注意ですね。


とりあえず調整完了!あとはこの状態で少し走ってみたいと思います。
まずは週末の秋ヶ瀬バイクロアで試してみます。
トップギア足りなくて高ケイデンスで走るシチュエーションは無いと思うんだけど、どうだろうか?(笑)

とりあえず野辺山でモゲラーをメイクしなければ良いなと思います(;´∀`)

↓日曜日は秋ヶ瀬バイクロア楽しみ過ぎる!ファストクラスもファンAもメンツが濃いぃい~!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



関連記事

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。