CX車で試してみたい事を思いついたのでメモ書き

今のシクロクロス車の仕様をざっくりまとめ。

フロントシングル仕様のSRAM10s組です。
フロント:ROTOR Qcx1 38T 楕円リングのナローワイド38t
スプロケ:12-27t HOUPセットで実質13-27tの9s運用

この状態でここ2戦CXレースを走ってみて、宇都宮ではトップ側が不足、富士山ではロー側が不足してると感じました。
フロント楕円38tを40tにすればトップスピードは上がるけど、ローのギア比が更に厳しくなる。

そこでリアのカセットをワイドレシオ化にするのが流れかと思うんですが、
今のRDはショートケージのSRAMRIVALです。
ワイドレシオ化はWolf Tooth Components / ROAD LINK があれば今のRDでも対応可能。

で、ここまでは考えていたんだけど、ここから先がちょっと閃いた内容。

HOUPです。これ1度付けたら外せない体になってしまいました、、、
泥とかモゲル確率が高いレースだけつければ問題無いと思うんですが、
どうせなら付けっぱなしで、安全マージンも確保しつつ運用したいっていう気持ちが強くなってきました。

10sでHOUPつけると9s運用な訳ですが、ワイドレシオ化した時にその恩恵も9s分になるので少なくなります。
そこで今はコンポ的には10sなんですが、そもそも11s化してHOUP付けて10s運用がしたくなった訳です。

普通に考えれば、シフターが11sタイプ、RDもこの際CX用11s対応のロングケージのモノを新調、更にはワイドレシオのスプロケと、ホイールも11sで使える状態にする必要があります。ここまで考えるとかなりのコストが必要になりそう。

そこまで出せん!いや予算無い!(笑)って事で閃いたのが、
スプロケ&ホイール(ハブ)のみ11s化してしまっても、どうせHOUP付けっぱなしだったらシフターも10sのままで良いんじゃない?って所がミソです。

まとめると、シフターは今のSRAMRED10sのまま運用、RDはそのまま10sRIVAL、スプロケとHOUPを11s用を用意して11sスプロケで10s運用すればドライブトレイン的には動くんじゃないかな?っていう感じです。

ワイドレシオ化する時にROAD LINKとワイドレシオのスプロケを用意すると。
これでフロント40tにしても、今よりはトップ側もロー側も相当ワイドに作れるんじゃないかな?と妄想した訳です。

そういう変わった事をするのが好きな性分なので、これはスゲー!と自己満足してしまいました。
HOUP要らないじゃん。とか聞こえて来るんですが、まぁそれは付けっ放しにしたいんです!笑

と言うか、昨日の富士山CXの整列した時に、隣の方が今まで見た事が無い様な超デカイスプロケがついてて、ああいうの付けたくなったってのが発端でありますw
40t以上あったと思うんですが、チェーン短くてローまで入りません(;´∀`)って言ってましたが、見た目のインパクト凄かったですーw

メモ書き終わり。
関連記事

COMMENT 0