スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラを背負って早朝ライドへ出掛けよう。

朝3時半。目覚ましも無く目がさめる。子供達も奥さんもぐっすり寝ている様だ。枕元のスマホに手を伸ばし、アメッシュとWNで外の様子をチェック。雨は降っていない様だ。朝6時の天気も晴れマーク。朝6時の気温は0℃の予報だ。昨晩チェックした時と予報はさほど変わっておらず、これは良い朝焼けが見えそうだと妄想しながらストレッチを始める。

ゆっくりストレッチをした後はボトルに水を入れ、カメラの入ったバックパックを持って洗面所へ。洗面所には昨晩のうちに用意していたウェアが一式置かれている。ウェアの一番上には心拍計を置くのが僕の流儀だ。

歯を磨き、顔を洗って自転車ウェアに着替える。この季節は夏に比べてウェアも多くなるし、ウェア自体の重さもそれなりに感じる季節だ。

今日はロードバイクに乗ろうと思っていたので、ウェアもロードバイク用に用意していた。ちなみに早朝に出掛ける事が多い自分は夜のうちに空気圧を調整しておく。ロードバイクの時はクロスに比べてスピードが出るので、この季節は特に寒さが辛い。でもウェアはそこまで重いモノは着ないかな。Raphaのロングスリーブメリノインナーに、ProteamJacket、その上にRaphaジレで0℃はオッケー。下は0℃予報だと何も迷わずRaphaの3/4BibShortsを選ぶ。クロスだとめんどくさいけど、サーマルビブにWinterTightsを選ぶ事が多い。3/4ビブショーツはベストタイツの1つ。生地が兎に角暖かく癒しタイツだ。早朝の寒い時間帯。フルタイツでは無いので、脛あたりが数センチ露出するが、その冷たさも時間が経てば耐えられる程度の寒さしか感じない。

Raphaネタが多くなってしまったが、程なくして着替を済ませると玄関へ。こちらにも昨晩のうちに用意をしておいたヘルメット、グローブ、シューズカバー、そしてクリアレンズをセットしたRaderEVを並べている。玄関でロードシューズを履きシューズカバーを更に履く。末端はとにかく防寒は厳重にだ。僕が使っているS-worksのシューズはとにかく通気性が良過ぎて冬場は寒さ対策が重要になる。今シーズンからfizikのトゥカバーを導入した。その上にRaphaのDeepwinterOverShoesの重ね履きだ。これでもやはり寒い時は足先が麻痺する感覚を味わう事は多々ある。

そしてヘルメットを被りサングラスをヘルメットにセットして自転車と共に玄関から外の世界へ。玄関を閉める時も子供達を起こさないように細心の注意か必要だ。もちろん鍵を閉める時も。

外に出たら鍵をしまい、グローブを付けてカメラの入ったバックパックを背負う。風はいまのところ穏やかそうだ。テールライトとヘッドライトのスイッチを入れ走る準備は万端だ。

まだ朝4時過ぎ。新聞配達のバイクもまだ走っておらず、家から出ても人の気配は全く感じない。感じるのは凍てつくような寒さだけだ。

自転車にまたがり右足のクリートをキャッチしつつ出発する。寒い。走り出しはとにかく寒い。だがこの寒さが心地よくもある。走り出してすぐにGARMIN Edge510のスイッチをいれる。ピロリとあの独特の電子音が静まり返って朝の住宅街にこだまする。前回自転車の乗ったのは宇都宮シクロクロスだった。GARMINの設定がCXバイク用になっていたので、ロードの設定に変更。合わせて心拍計もシクロクロスで使っているpowercalの設定になってたので再度サーチして設定を。

目指すは平井大橋だ。平日の早朝に走る時はまずこの橋から荒川に入る。大通りに出てからGARMINのスタートボタンを押す。これも毎回同じ場所でスタートさせる様になった。

平井大橋まで10分弱だろうか。幾つかの信号で止まりながら、寒い寒いと感じながらも、自転車に乗れる喜びをこの時点で感じている。まだまだ夜の世界。新小岩の駅前の信号は必ずひっかかる。時間は4時半過ぎ。始発電車に乗る為に歩いて駅に向かう人を多く見かける。ダウンジャケットを着て背中を丸めながら歩く人。ビシっとしたスーツに暖かそうなコートを羽織りオシャレなマフラーを巻いて小型のスーツケースをコロコロ転がしながら駅に向かう人。今日は出張なのか。逆に朝まで遊んだ様な若い子達が、ママチャリに2人乗りでタバコを吸いながらテンション高く駅とは反対方向に向かっている。そういう人達を信号待ちをしながら、鼻水をすすりながら見るのも楽しみのひとつだ。

そして平井大橋に到着。冷たい風がいつもの通り北から吹いている。今日は北か南か?綺麗な朝焼けか、日の出の写真が撮れればラッキーだ。まだ時間は4時半過ぎ。朝焼けまで1時間半。時間の都合で6時半には平井大橋に帰ってくる必要かある。日の出は大体6時45分ごろだろうか?日の出の写真は諦めて、朝焼けの写真を撮れればこの季節はラッキーだ。

もう少し日の出が早い季節になると迷う事なく南下して若洲海浜公園を目指すが、時間的に若洲だと距離も短く時間にも余裕かあり過ぎるので、右岸で北上が良さそうだ。

平井大橋の歩道を渡り右岸側のスロープを下りて荒川イン。点滅にしていたヘッドライトを点灯に切り替え、冷たく痛い風が吹く北を目指してペダリングを始める。時間は残り約2時間。向かい風を考慮して、50分走って15分写真を撮って、45分で帰ってくるイメージか?だとすれば風の強さ次第ではあるけど笹目橋で折り返しか?朝焼け具合を見ながら何処で撮影するか考えよう。

暗闇の荒川右岸。この季節は夏に比べると歩いたりジョギングする人は一気に少なくなる。でも居ない訳では無いので細心の注意が必要だ。黒い服で反射材の無い格好で歩いたり走ってる人は本当に見えない。そこに最大限注意しながら荒川を北上する。ふとGARMINを見ると走り始めて15分が経過していた。どうりで寒さも感じなくなってきた。体も温まり走っているとちょうど心地よい。

つづく。

明日の朝走りたくて、明日の自分を想像してつらつら書いてみました!久しぶりに自転車に乗りたい。起きれるか。起きれなくてもそれで良い。今は無理せず色々休もう!
関連記事

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。