スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《MTB始めました》konaのシンダーコーン導入!初トレイルも体験

DSC01960

MTB始めました。

ロードバイクから自転車はじめて、シクロクロスをやり始めて今年で3シーズン目。
オンロードからオフロードへ楽しさが拡大して来ました。ロードバイクで走るグラベルライドの面白さから始まり、CXバイクでグラベルを走る爽快感にハマり、そして今回マウンテンバイクへと。やっぱりダートは楽しい!

導入したのはkonaのシンダーコーンというMTBです。僕知りませんでしたkonaってブランドを。ロゴ見て見た事あるかな?程度だったんです。MTBの世界では超有名なブランドなんですね。

kona 2017 cindercone SPECIFICATIONS
FRAME Kona SuperLight 7046 Aluminum Butted
SIZE S, M, L
REAR SHOCK n/a
FORK RockShox 30 Gold RL Solo Air 100mm
CRANKSET SRAM NX, 30t Narrow/wide
CASSETTE SRAM PG1130 11-42t 11spd
DERAILER F]n/a [R]SRAM NX
SHIFTER SRAM NX
BRAKE Shimano Hydraulic
SEATPOST Kona Thumb w/Offset 31.6mm
SADDLE WTB Volt Sport SE (Volt 250 Sport SE size S)
HUB [F]Joytech 100x9mm [R]Shimano 135x10mm
RIM WTB SX23
TIRE Maxxis [F]Ardent 27.5x2.25" [R]Crossmark 27.5x2.1"

以前よりシクロクロスのお師匠様方からMTBやった方が良いよと言われ続けてて、もの凄く興味が湧いてきて遂にという感じです。そしてDHにはまってる静岡方面の方を見てるとね、もう、楽しそう過ぎる訳ですよ。そして機材選びを初めたのですが、ロードバイクからシクロクロスの機材的な知識は多少あったのですが、MTBの事はちんぷんかんぷん(笑)全く別モノ感がありますね~。コンポにしてもホイールサイズ、ハブの規格、フレームの用途などなど、分からない事が盛り沢山。そんな中色々な方のアドバイスを元に、出来るだけ低予算で遊べるバイクと言う事でCINDERCONEを選びました。
DSC01955
主な遊び場所はトレイルになりそう。という事でトレイル遊びをメインにして考えました。

ホイールサイズは27.5です。29erは背の引くい自分には少し大きい感じだったのと、やはり今スタンダードと言われるサイズに落ち着きました。コンポーネントはスラムのNXがメインとなります。フロントシングルにワイドレシオのカセットですね。40tのナローワイドに11-42tの構成です。実際に走ってみてトップもローも丁度ギリギリ範囲内という印象でしょうか?もっとローもトップもあっても良いかもですが、実際にはこの幅で全然トレイルは遊べました。

早速トレイルデビューもして来ました!先輩MTBerに連れていってもらって深い山の奥へ。導入してからは通勤で使ったりもしてましたが大半は舗装路を走って、ほんの少しだけダートを走ってイメトレをしていました。

そして実際の山へ入る訳です。もう最高ですよ!やっぱり山がそもそも好きなんですよね。全く想像よりも凄い世界がトレイルには待ってました。

マウンテンバイクじゃ無いと走れないわこのフィールドは。CXでも走れる箇所はあるけども、絶対的な閾値が違いすぎます。とても大きな木の根っこが縦横無尽に走る様な箇所もあれば、大き目な石がゴロゴロしている様な箇所も沢山現れます。そんな路面ではある程度はMTBだと、太いタイヤにフロントサスペンションのお陰で超えて行く事が出来ます。後はMTBの軽いギアが助けてくれますね。

走り初めは全然慣れてなくて、登りでも皆が乗車でクリアする区間も登れず押したりしていましたが、徐々にMTBの乗り方に慣れてくると乗車出来る様にもなりました。ですがまだまだ初心者の域ですよ。上手い人は急斜面の難しい路面もクリアしていきます。本当に凄いです。頭では乗り方を理解していても、実際にやってみると上手くいかない事多数ですよ。

そして下りですよ。下り本当にヤバイ!ギリギリの戦いをしている感じです。激しいギャップや木の根っこ、落ち葉でふかふかになった路面の下に隠れる岩などなど、常に神経を研ぎすませていないと何処に吹っ飛ぶか分かりません。これも慣れかと思うんですが、重心とかブレーキとかとにかく慣れれば、怖さより楽しさの方が間違いなく大きくなりますね!

落葉🍂でフカフカのトレイル。 1年を通しても最高の季節だそうです。 そのフカフカの絨毯の下には根っこや、石、ツルツルの路面も。 森の中に差し込む朝日が落葉を照らし、最高の雰囲気でした。 登っては下りを繰り返すうちに、自分の目も感覚も慣れて来て、とにかく最高でした。 登りも下りも自分のスキルでは対応出来ない箇所も多数。 色々アドバイスも貰いながら、登れなかった登りが乗車でクリア出来たり、ギリッギリの尾根の上のラインをトレース出来たり、ただただ何のストレスも無いクネクネした下りをノーブレーキで駆け下り、思ったラインをスピードを乗せてトレース出来たり、怖さしかない斜度の厳しい下りを前後のブレーキと荷重をコントロールしつつクリアしたり、木の根っこが連続し、その下にはなかなかのドロップオフが現れ一瞬の判断を誤ればコースオフしそうな難しいセクション、その一瞬一瞬が何度も何度も訪れる。 常に神経を集中して対応しないとすぐに破綻しそうなコースでした。 何度かハンドルを木にヒットさせてしまい転んだりもしましたが、特に大きな怪我も無く、ただただ楽しく、怖く、脳汁が溢れ出る様な時間を過ごせました。 これもまた自転車の楽しみ方ですね!最高の時間、経験をありがとうございました! #trailride #mtb #mountainbike #konabikes #cycling #cyclingphotos #outsideisfree #morningride #ciclismo #cyclist

Yasuhiro Nakashimaさん(@zerocycle)が投稿した写真 -


下り基調のアップダウンや、常に良い路面も長い下りとか、ほんっと最高です。気持ちよすぎです。MTBのコーナリングって凄く楽しいです。太いタイヤと低い空気圧からタイヤのグリップ感の安心感ったら無いですよ。ギュイーンって感じで曲がれるのが気持ちよくて気持ちよくて。

そして沢山転びました(笑)登りで立ちゴケもしたし、あとは長いハンドル幅になれてなくて数回木にヒットして転んだりもしました。まぁこれもMTBの醍醐味?違うか(笑)

また行きたい。とにかく色んな山に行ってみたいですね。関東近郊でも色々とフィールドはあるのだと思います。シクロクロスを初めた事によってMTBerの方々とも多く知り合う事も出来ました。僕の脳汁が枯渇する程にヒャッハーしたいですね(笑)

秋~春に掛けてトレイルシーズンらしいので、時間があればサクっと行ければ最高ですね~。ロードで行くヒルクライムもそうですが、住んでる所がド平坦しかなく、山に行くのは一苦労ではありますが、何とか時間作って行ってみたいです。

↓年末はfestive500もあるのでロードでガンガン走りたい!でも今ロード乗れない状態のが…。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。