スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《割れたカーボンリム》#野辺山なめんなよ シクロクロスの過酷さとは

15289230_1295987977109996_5062951456858236485_o.jpg 
写真:春日部写真店 (Kasukabe Vision FILMz)様ありがとうございます

今年も参加して来た野辺山シクロクロスですが、先日も久しぶりにブログを更新したくなる程に思い出深いレースとなりました。


昨年につづいて今年で2回目の参加でした。昨年は相当イージーな年だったと思います。寒さも雨も無くドロドロでも無かったし。それが今年は一変して、雪からの雪解け水で路面はドロッドロのドロッドロ。サラサラの泥じゃなくて、粘り気のあるまとわり付くような泥の箇所もありました。


そこで僕の機材も悲鳴を上げた訳でございます。


01223f27987d6eb0c136f3480e49720f8421db9172.jpg 

まずは序盤にフロントホイールのスポークが飛びました。これは原因は分かりませんが、林間コースで突然物凄い音と共に飛んだみたいです。


01f1027c143a18a4c585003bbb4387e5603af00d29.jpg 

そしてフロントに異変を感じてからは、何となくブレーキでの負担を少なくしようとリア寄りにブレーキをしてたら、今度はリアのブレーキが一定に掛からなくなる様な感じがしてきて、不規則に制動力が働く感じです。これも異変を感じながらも走る事が出来たのでそのままレース続行。結果的にレースは完走出来ました。

終わって初めてスポークが飛んだ事と、リムがガッツリ割れてた事に気付いたのです。ちなみにリム割れは家に帰ってから気づきました(笑)

まさに #野辺山なめんなよ ですね。このレースがひとつのベンチマークになりました。これがシクロクロスだ!と言わんばかりのコンディションという事かと思います。

対極的にあるのが、晴れた日の吉見ですかね。GPミストラルでお馴染みの吉見です。今は名称変わったみたいですが。。あそこは芝の路面がメインで泥も多少ありますが基本はきれいな路面です。例えばサンドタイヤみたいブロックが大きくないタイヤでも十分楽しめます。

そんな吉見みたいなコンディションばかり今まで経験して来たので、クロス初めて3シーズン目に初めて味わった野辺山の様な過酷なドロドロのコンディションで僕の機材に対する考え方が全く変わってしまったのです。

今の機材はクロモリフレーム MUDMANのカンチブレーキ仕様です。これで全然戦えてきたし、ブレーキもカンチなので効かないなりにレースも走る事が出来ました。更にカーボンTUで完璧でした。タイヤは色々ありますが自分はTUが最強だと思ってます。今回割れてしまったカーボンTUもタイヤが貼られてた状態で譲って貰って、僕で3シーズン目でした。前オーナー合わせると4シーズン目です。

どうなんでしょう?普通に考えるとよくもった方だと思います。シクロクロスの泥レースをやってみて改めてよく持ったと思う訳です。泥の野辺山を走る前はこのホイールでまだ全然やれるし!レースでしか基本使わないのでブロックもまだまだ残ってる感じでした。

でも1戦の泥の野辺山でリム割ってしまってもう使う事が出来なくなってしまった訳です。それ程までに機材へのダメージが大きかった訳です。もっと上手い人が使えば全然違うと思うんですが、やっぱり僕みたいな下手くそだと機材へのダメージも大きくなります。しかも泥でカンチブレーキでカーボンリムですよ?当たり前ですが全然止まりません(笑)常にギャアアアアアアアって音と共にリムを盛大に削りながら走ってるのも精神衛生上キツイです(笑)

という訳で長々と書いてしまったかもしれませんが、何が言いたいか、油圧ディスクブレーキ仕様のシクロクロスバイクにしたいって事です!キリ!

自分で言うのもなんですが、やっぱりカーボンリムでカンチブレーキはあり得ないです。いやもちろんその状態で走って来たのであり得るというか、全然走れるんですが、やっぱり油圧ディスクに限ると思った訳です。

特にシクロクロスという競技の特性上ディスクブレーキは正しい選択だと思います。もちろんデメリットもあると思います。でも今、僕の気持ちは油圧ディスクCXです。

ただただそれが言いたいだけのエントリーでした。まる。笑

#今すぐ乗り換えるとは言って無い とだけ付け加えさせてください(笑)

しばらくはアルミTLで戦います。そんな事してるとTL最高\(^o^)/みたいなエントリー書いてるかもしれませんが(笑)

↓シクロクロスシーズン真っ只中。まだまだシーズンは続きます!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


関連記事

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。