《VANSのグリップ!?》MTBのグリップを交換しました

 

MTBのグリップを交換しました。

ロードバイクやシクロクロスバイクだとグリップって存在しなくて、その代わりにバーテープをハンドルに巻く訳ですが、マウンテンバイクだとフラットハンドルにグリップそのモノを取り付ける訳ですね。

今までグリップってモノを買った事も無いし、グリップに求められる性能というか、色々ある種類の中から選ぶ判断材料みたいなモノが全く分かりませんでした。

そもそも交換しようと思ったきっかけはいくつかあります。

まずは純正品のkonaのグリップは乗ってるとクルクル回ってしまってました。元々ロゴの部分は進行方向に向かって正面に付いていたんですが、ご覧の通り上側に来てますね。しかもナナメってるし(笑)

たぶん完成車についてるグリップとしては一般的な感じかと思うんですが、ロック機構もなくブランドロゴが入ったゴムのグリップです。エンド部分もゴム製で一体型のタイプですね。

次に交換したかった理由としては、ハンドルの長さをカットして調整したかったので、その際にグリップも新しいモノに交換したかったのもあります。純正のゴム製グリップですが取り外す事は出来たかもしれませんが、色々調べているとこういうタイプのグリップを取り外す時は、カッターで縦にカットして再装着は出来ない感じでした。

そしてやっぱり交換したい理由としては見た目でしょう!(笑)やっぱり完成車に付属の純正品だと気持ち的に物足りないというか、手軽にカスタム出来る部分でもありますし、取り付けるグリップのカラーによって個性を出すことも出来ますし。

そんな事を考えながら欲しいグリップを探すのはそれはそれは楽しい時間な訳です(笑)

しかし、何も知識が無い自分は何を買ったら良いのか全く分かりませんでした。MTB業界で鉄板的なアイテムも分かりませんし、自分が狙っているブランドイメージというか、立ち位置的なブランドも全く分かりません。webで色々調べたりとか、ネットショップとか色々見ていくうちに、自分が今までロードやCXで知り得たブランドよりも、遥かに多くのブランドがMTB業界にはある事に気付かされました。

少し話は逸れますが、世界的にはMTBの需要というのはとても多いらしいですね。その流れに逆行しているのが日本なんでしょうか?MTBで世界的に有名なブランドも、ロードに乗っているだけでは全く関わりも無く知らない所も沢山ありました。

シクロクロスを始めてロードとMTBの中間の様な存在から、MTB系のブランドを知る機会も増えましたがMTBが専業のブランドには全く縁が無かった事に気づきました。例えば自分が購入したkonaもその1つだと思います。有名所ではCHROMAG(クロマグ)やCOMMENCAL(コメンサル)などなど自分の無知さに驚きましたね(笑)

グリップの話ですが、とりあえず身近なMTBerにオススメグリップを聞いたり、触らせて貰ったりしてたどり着いたのが今回購入したのが、ODIというブランドのモノです。

ODIのロックオングリップ使ってるよ~って話を聞いて、色々検索してると一瞬で心奪われたのがこれです。


ODI VANS LOCK-ON GRIP ブラウン/ブラック


ブラウンのカラーにまず一目惚れ。更にはVANZとのコラボモデルで、ワッフルソールパターンのグリップになります。色々触ったりして決めるべきなのかもしれませんが、もう即決でした(笑)

欲しいモノ、使いたいモノを使うのが一番気持ち良いと思います!性能は後から付いてくる!(笑)

グリップの太さとか、そもそものグリップ感とか色々選ぶ基準はあると思いますが、完全に見た目で選んだ訳でございます。

そして実際に装着してみたんですが、まぁカッコいい事。
完全に自己満足です(笑)まだこれで走った訳ではありませんが、見た目で僕は完全勝利しました。ええ。自己満足です(笑)

レビューも何もありませんが、まずはこれでトレイル行ってみたいと思います。ハンドル幅も狭くしたので、実際に試すのが楽しみであります。



↓早くトレイルで試してみたいですね!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




ODI VANS LOCK-ON GRIP ブラウン/ブラック
ODI
売り上げランキング: 91,188
関連記事