スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターライト幕張に参加して来ました。シクロクロスはやっぱり楽しいのです。

23331140_1371143193004779_3269030975666116400_o.jpg
photo by ウニさん

スターライト幕張に参加して来ました。シクロクロスはやっぱり楽しいのです。

大会名:弱虫ペダルStarlight Cross in CYCLE MODE(UCI class2 / JCX#4)
日時:2017/11/3(金) 
場所:幕張海浜公園特設会場(2.8km)
参加カテゴリー:C2
ゼッケンNo:103
■結果:6位/51人 11%

1M0A3899.jpg photo by 齊藤さん

今シーズンも全戦ともに最高なんです。結果とか別としてただただシクロクロスを全力で満喫させて貰ってます。これに尽きる。楽しいの。楽しすぎてヤバイんす。今回の幕張も楽しさ爆発のあっという間の1日でした。

幕張は意外かもしれませんが、僕自身は初参加になりました。というのも毎年このレースは土曜日にカテゴリーレースを開催するので、土曜日は家庭の都合でレースに出られない自分は出場した事が無かったのです。なので毎年息子を連れて観戦に通っていたのでレースの雰囲気も盛り上がりも知ってたのです。

今年は元々は土曜日開催予定だったのが埼玉クリテリウムという、大きな大会とバッティングしたので前日の祝日金曜日に変更になったので、今年は念願のCX幕張に参加する事が出来ました。やったぜ!

23406003_1546072038839418_6542014146317976386_o.jpg photo by fbさん

という訳で朝からさとしーに家に迎えに来て貰って、miyaさんさとしーと現地入り。そして今回は納車されたばかりの新車での参戦となりました。まぁレースっていうよりかは、新車のMUDMANに乗れるってだけでテンション上がりますわ~。

23215577_513461065690798_392688252130546839_o.jpg photo by さとしー

そして会場では多くの方に新車を見て貰って、乗って貰って、触って貰って、ワイワイと楽しい時間を過ごしました。そして試走。短い30分の試走スタート。コースは部分的にドロッドロだったり泥の池っぽいところがあったりと、なかなかのコンディション(笑)
コースインして最初のドロドロゾーンを目の当たりにして、このピッカピカの新車であの泥の池に突っ込むのか!?と数分立ちすくんでましたが、まぁ行くしか無いわなって事で泥遊びのスタート!1度入ればもう関係ないっす。超楽しいの幕張のコース。

今年から逆回りになったって事でしたが、僕にとっては初めてのコース。大きな芝生ゾーンを囲むように、アスファルトの直線、泥のヌタヌタゾーン、キャンバーが繰り返すゾーン、忍者返しと言われる乗車では越えるのが難しい激坂区間などなど、シクロクロスの楽しめる要素をほぼほぼ含んだ素晴らしいコースでした。自ずと僕ニヤニヤしちゃってました(笑)だって楽しいんだもん。

23120239_1725215921107962_5983918390079016982_o.jpg photo by 齊藤さん

試走後は知り合いのレース観戦したりと楽しい時間を過ごしているとあっという間にC2の時間へ。朝とはコース状況も変わって来ている様で、既にレースに出た知り合いにコースの状況を聞いたり、直前のC3のレースでは気になる箇所をチェックしました。

今回のレースはまだ慣れない新車での初レース。絶対に無理はしない。新車を壊さない、そして絶対に怪我はしないという目標を持ってきたので、少しでも難しいゾーンは潔く自転車を降りて押してクリアする事を徹底しようとレースに挑みます。

23155087_1371143199671445_4908425896961003394_o.jpg photo by ウニさん

そしてスタートは最前列。いつものライバル達が最前列に並びます。みんな良い顔してるぜ!そして今回はCM1・CJとの同時スタートです。スタート直前まで時差スタートなのか、同時スタートなのか分からなかかったんですが、スタート直前で誰かが大きな声でスタッフに同時スタート!?って聞いて初めて同時スタートを告げられました。正直ビビりました。もっと早くしっておきたかった。たぶんスタート30秒前とか、それくらい直前に知った。

僕は最前列の左から2番目をチョイス。そして1番左にウニさんが並びます。そしてスタートです。もう今回のスタートが今までのシクロクロスレースのスタートで1番怖かったです。これは僕が保守的過ぎたからかもしれませんが、肘当たりまくり、ハンドル当たりまくりで密集度が相当高く感じました。その中をウニさんはコース最左端をバキューンと一気に加速してCM1より前に出てる様に見えましたね。相変わらずすげーぜ!

僕はスタートで一気に萎縮してしまい保守的にレースを進める形に。第1コーナーから最初のコブでは乗車でクリア出来たんですが、その次のシケインではリマウントが出来ない位の密集で飛び乗りが出来んぞー。って感じ。ここでも幾らかポジションを落としてしまいます。

23116860_1556321184424480_3920575433038306785_o.jpg photo by gotoさん

その後は泥池では前の人がハンドルとられて僕の前に突っ込んでくるし、なかなかのワチャワチャ具合。自分は冷静にとにかく前見て進みます。芝生ゾーンに出る頃には密集もこなれてきて自分のポジションで走れる様になって安心しました。

その後は自分のペースを掴みつつ周回を重ねます。小さいキャンバーゾーンはたぶん1度も乗車で行かなかったですね(笑)全周回を降りたと思います。この意気地なし!とか思ってましたが、もう降りてランするって決めたから俺は走るんじゃー!って自分に言い聞かせながらキャンバーはランで通過です(笑)

23155055_513485975688307_1192517978865436057_o.jpg photo by さとしー

そしてやっぱり幕張ですギャラリーが多い!コースの至る所で温かい応援をしていただき本当に力になります!そして未だに誰か分からないんですが、めちゃ熱い応援をしてくれる方がいて、「前追いつけるぜ!踏め!」「まだまだ行けるぞ!頑張れ!」とかその人がめちゃ印象残ってる。誰か全く分からないんです。ほんっと(笑)

そして走ってると自分の走りが出来るというか、余裕が出てきてポジションも落ち着いてきてふとした瞬間に「あぁ、とりあえずこのまま何も無く(ころんだり)終わりたい」って気持ちになってしまいちょっと安心した瞬間がありました。その時のラップが凄く遅かったので結構休んだっぽいです(笑)

23213150_1457763484342049_5107168783067945977_o.jpg photo by ぶんちゃん

そうこうしてると迫って来る訳です。後ろから物凄いプレッシャーを感じる訳です。大木さんです。スタートで埋もれてしまったみたいですが、どんどんポジションを上げて追い上げて来ます。ヤバイヤバイ。休んでる場合じゃねぇ!って事で再度気合を入れ直します。

コース脇ではやまぞう先輩が「大木さん来てるぞ!」って声が聞こえた後に、大木さんに「しまさんすぐそこ!追いついて!」とか言ってるのが聞こえて何だかクスクスしちゃうし(笑)やまぞうさんの応援はいつもありがたいです。僕がC3から昇格したレースでも彼の応援に助けられました。その時の事を思い出しましたね(笑)

23213264_813227658857953_2605264552948406005_o.jpg photo by 岡元さん

それがたぶんラスト2周位でしょうか。そこから再度プッシュプッシュ。新しいバイクにも慣れて来て走るのが楽しくなります。新しいバイクは一気に別のバイクに変わりました。ケーブル式から電子式の変速機へ。ブレーキもカンチブレーキから油圧ディスクブレーキへ。全てが新しいのです。その機材のポテンシャルをレース後半に感じる事が出来始めます。

まじ楽しい!何だこれ!これズルいわ!とかとか一人でニヤニヤしながら、息を切らせながら全力でプッシュしました。新しいバイクのインプレもまたしたいですね。

すると数人パスする事が出来ました。そして前をみるとスタートでぶっ飛んで行ったウニさんの姿が見えます。ウニさんCM1の選手を含む数人のパックが見えます。行くしか無いぜって事で全力でプッシュしました。そしてそのパックが直ぐそこまでに迫りました。数人パスした所で、「あれこれもしかしてラストラップ?」って思ってコース脇に居たマッペさん達に聞いたらラストだと教えてもらいました。ヤバイ時間足りんー。

1M0A4070_20171113094034344.jpg photo by 齊藤さん

そこからも全力プッシュでラストラップの最終コーナー手前の長い芝生ストレートでウニさんの背中が見えたので全力でもがきます。くそ楽しい。この為にシクロクロスやってるって言っても過言では無いぞ。もうラストラップ。ここからは気合じゃー。踏むしか無いのです。芝生ストレートを全力プッシュして最終コーナー手前の山肌ゾーンではウニさんのすぐそこまで追いつきました。

そして最終コーナーのバンプを越えてホームストレートへ。数メートル前でウニさんがスプリント。そこでウニさんが何か叫んでる声が聞こえる。彼も全力だ!この時の為にシクロクロスやってるんだ俺は。俺も全力でスプリント。結果は1.6秒差で僕の負けでした。彼の前に出ることは無くゴールしました。

震えました。ゴール後は全身が震えました。こんなレースが出来るんだ。幸福感に包まれる瞬間です。この展開がとにかく最高でした。後ろでは大木さんが迫って来ていましたが何とかポジションは死守できました。本当に良いライバルに恵まれてて、毎レース毎レース本気で全力で競い合えるって、本当に凄いと思いました。レース後は皆で検討をたたえ会えるのです。もう最高です。もう何ならレース終わった後にC2メンバー全員と飲みに行きたい位です(笑)



A0DAA310-5D37-4EA0-9544-EF3A7C3227F0

レース後は放心状態。もうすっからかんでした。ベースに戻り何か食べたりいろんな人と話しをしたりしつつ、そして新しいバイクを AboveBikeStoreさんがサイクルモードという幕張メッセで開催している自転車の展示会みたいな奴に出展していて、自分のバイクも展示してくれるって事で、レースを走った後のドロッドロの状態で展示に持って行ったりました。

23456400_1546074475505841_2561762262689357746_o.jpg photo by fbさん

そして夜はお楽しみのナイトレース!エリートの女子男子のレースが超盛り上がって最高でした。やっぱりエリートは全くの別物。日本のトップ選手達がこの幕張に集まりナイトレースを走るのです。その走りを目の前で見るのは興奮の連続です。自分の好きな選手には全力で応援します!本気で走るアスリートの表情は何度見ても鳥肌が立ちます。シクロクロスはそんな凄い選手の走りを手が届く位の距離で見えるのです。もう最高っす。僕もいつかはあの世界へ!って大きい目標かもしれませんが、やっぱりあの舞台は憧れますね!良い物みさせて頂きました!

という訳でスターライト幕張全力で楽しみました!送り出してくれた家族に感謝です。そしてこの規模の大きな大会を運営してくださる方々、そして多くの応援をしてくれる方が、そして素晴らしい写真を沢山撮っていたいだいた方々には感謝しかありません!本当にありがとうございました。

次のレースは初の東北シクロクロスへ。猪苗代湖ステージに参加予定です。長くなってしまいました。長文失礼しました。あーあーあー、幕張ロスじゃー(笑)
8EF96B8A-A6A4-4A97-9574-9435A10C32DD
↓新車の紹介は近日中にはアップしたいと思います。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

IRC SERACCX TUBELESS 700×32c 19048J
IRC tire
売り上げランキング: 92,942
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。